キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー

葬儀のマナーを覚えよう

カテゴリー一覧

約束事とマナー 自分が喪主になるとき 自分の葬儀 葬儀の流れ
葬儀の種類 葬式の服装・持ち物 身だしなみ

新着情報

キリスト教式葬儀のマナー
数こそ多くはないものの、敬虔な信者の率が高いのがキリスト教です。キリスト教徒が亡くなった場合には、日本であっても仏式ではなく[…]
仏式葬儀のマナー
日本で行われている葬儀の9割近くが仏式葬儀です。そのため、葬儀に関するマナーを知るのであれば、まずは仏式葬儀[…]
自然葬・散骨・樹木葬
死を形容する言葉にはいろいろなものがあります。その中に「地に還る」「自然に戻る」といった表現があるのをみなさんも聞いたことが[…]

葬儀のマナー

古くから行われてきた伝統的行事として「冠婚葬祭」というものがあります。
その中でも「葬」にあたる葬式というのは、人生の終わりを飾る重要な催しということになるでしょう。
開催をする側はもちろんのこと、参加をする側にもそれなりの態度というものが求められることになります。

そこでここでは、葬儀において最低限抑えておきたいマナーをジャンル別に紹介していきます。
ここではまず、どのようなことについて紹介していくのか、ということを簡単に見ていきましょう。
葬儀と一言で言っても、いろいろな種類があるためにそれに適したマナーというものにも違いがあるのです。

まずは、葬儀の種類について知っていくことが重要になるでしょう。
葬儀の種類の一つ目として見ていくのは「葬儀・告別式」についてです。
葬儀における基本の形ではありますが、実際にはどのようなものを指しているのか、簡単に紹介していきます。

次に、社葬と個人葬という違いについても説明を加えていきたいと思います。
文字からして会社として行なう葬儀と、個人として行なう葬儀という違いであることは分かるかと思いますが、では実際の内容としてはどのような違いがあるのでしうょか?

さらに、家族葬と密葬の違いについても紹介していきます。
この2つは公に行なう葬儀ではないという形を取っているため、内容も一般的な葬儀とは違いがある場合が多いのです。

そして葬儀においてポイントの一つとなるのが、宗教の違いです。
日本は多宗教国家であるために、家族・個人によって取られる葬儀の種類にも違いがあります。

日本で主に取られる形式である仏式葬儀・キリスト教葬儀・神式葬儀の3つについてフォーカスし、それぞれの違いについて見ていくことにしましょう。

まだまだある種類とマナー

市民葬と区民葬といったような、地域で行われる葬儀というものもあります。
個人が行う場合とはどのような違いがあるのかを見ていくことになります。

さらに、葬儀のスタイルの一つとなる直葬についても説明が必要となるでしょう。
特殊な事情によって、直接葬儀が行われることになる直葬は、どのような場合に行われ、どのような手続きが行われるのかを見ていきます。

加えて、最近の葬儀スタイルというものについても紹介の必要があるでしょう。
お別れの会や無宗教葬儀、ホテル葬儀と呼ばれるようなパターンも増えてきており、多様化が見られます。
それぞれどのような内容となっているのかを知っておくことは重要になってきます。

これらの種類別の違いについて理解したうえで、マナーを学んでいくのが重要になります。

仏式葬儀におけるマナーやキリスト教式葬儀におけるマナーなど、葬儀ごとに違うマナーを学んで恥のないようにしましょう。