キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. お葬式のしきたりや風習~千葉県編~

お葬式のしきたりや風習~千葉県編~

千葉県のお葬式事情

千葉県のお葬式はかなりの地域差があり、大都市圏である千葉市をはじめとする地域とそのほかの地域と異なります。
例えば都市部で一般的なのは東京都などと同じように、葬儀後に火葬を行う「後火葬」ですが、館山市や九十九里町という房総地域では「前火葬」が主流で葬儀の前に火葬をします。
また、匝瑳(そうさ)市周辺では、通夜前に火葬を行うという「前火葬」を取り入れているのです。
いずれにしても、前火葬の場合は葬儀・告別式直後に納骨を行います。

また、千葉県では地域によりまずが、葬式などで助け合う隣組などの近隣組織が発達しており、受け付けや会計を手伝うご近所の助け合いの風習があります。
このように、地域ごとに違うさまざまな風習が残っているのも、千葉県ならではのお葬式の特徴でしょう。

地域による違いをさらに詳しく見てみよう

では、上記でご紹介した地域による違いですが、さらに詳しく見てみましょう。
地域差がかなり大きい千葉県の特色が、よくわかります。

千葉県の中には、長寿を全うした故人のお葬式で「長寿銭」といって、紅白の紐を通した5円玉を入れたぽち袋を会葬礼状とともに配る風習がある地域があります。
ぽち袋に印刷されているのは紅白の水引で「長寿」と書かれているのも特徴的です。
この「長寿銭」を持ち帰ると、お葬式の本人である故人にあやかって長生きができるという言い伝えがあります。
その他の地域でも似た様な言い伝えで「撒き銭」というものがあります。

また、葬式組の「年寄り講」という風習があって、高齢者たちが太鼓をたたき、僧侶と遺族がお題目を唱えるという地域もあります。
遺族はこの時、100円の入った「志」と書かれた袋を、葬式組の人々に配るようです。

「葬式組」または「班」と呼ばれる近所の人々の組織があり、お葬式の準備、お寺との連絡などを手伝うという習慣がある地域もあります。
通夜では「念仏講」を行うようです。
さらに納骨の際には、「四本旗(しほんばた)」という4本の竹に麻紐で五色の紙を飾った埋葬品の準備があり、それを葬式組等で行うことがあります。

匝瑳市周辺の風習ですが、縁側の軒下に一本の青竹を横にぶら下げ、出棺の際はこの青竹の下を通って出ます。
この地域では、青竹がお葬式の際の必需品となっているのです。

千葉県は、「前火葬」の地域と「後火葬」の地域が入り混じり、お葬式の当日に納骨することが多い地域もあります。
「前火葬」の地域では、故人のお顔を見てお別れをしたい場合には、事前に確認しておいた方が良いです。

都市部の通夜は、夕方から始まり2、3時間で終わりますが、千葉県のある地域では一晩中起きて、番をする「夜伽(よとぎ)」という風習があります。
知れぬ伴う、夜伽見舞い」という風習もあり、食べ物を持ち寄って飲食を共にするということがあるようです。

松戸市千駄堀地域では、親族が告別式での焼香の前に「別れの杯」というお酒の回し飲みのしきたりがあります。
猪口(ちょこ)にお酒を入れて、親族全員で飲み回しますが、お酒の弱い人、車で来ている人は口をつけるまねだけして、次の人へ回すということで良いようです。

市川地域では、葬儀を終えたら、日の高いうちにお寺へお礼参りをするのですが、この時、行きも帰りも、誰に声を掛けられても返事をしてはいけないという風習があります。
このように返事をしないというのは、なかなか大変なことでしょう。

コメントは受け付けていません。