キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. お葬式のしきたりや風習~福岡県編~

お葬式のしきたりや風習~福岡県編~

福岡県のお葬式事情を見てみよう

福岡県は、葬儀の前に火葬し、遺骨にて葬儀を行う「前火葬」と葬儀の後で出棺し火葬する「後火葬」が混在している地域です。
また、博多で出棺し火葬場へ行く霊柩車は、神社を穢さないとの理由から櫛田神社の前を避けて通ることがあります。
そして、福岡市や糸島市では、葬儀の前に遺族や親族が故人との最後の食事として、「お斎(とき)」を振る舞うという風習もあるようです。

通夜では、故人と親しかった人や身内のみに酒や軽食を振る舞うこともあり、香典返しは、葬儀の時香典返しを行う即返しではなく、四十九日後に「半返し」で行う場合がほとんどです。
浄土真宗の場合ですと、かつては火葬後に「還骨勤行(かんこつごんぎょう)」という法事を行っていましたが、昨今は初七日の法事と一緒に行うことが多いようです。
また、この法事は故人が亡くなってから三日目に行われるという理由で「三日法事」とも呼ばれています。

地域によるあれこれ

福岡県は「通夜見舞い」(つやみまい)という香典の他に遺族にお菓子やお酒、缶詰というものを渡す習習があります。
これは、遺族がお通夜の後、いただいた通夜見舞いを食べながら、故人が淋しくないように語り明かすという意味もあるようです。
なお、通夜見舞いをいただいた方には、香典返しを過分にするようにします。
また、地域によっては、持ち寄った人も一緒に通夜見舞いをいただいて故人について語り合うという風習もあるようです。

福岡県でも、西日本各地で見られる柩を回す風習があり、「三度回し」「柩回し」と呼ばれます。
出棺の際に近親者で柩を3度回しするのです。
柩を回す意味はそうすることで、故人の方向感覚を無くして家に戻れないようにするためでしょう。
「迷うことなく冥土へ赴き、成仏してほしい」という願いがこめられているという説もあります。

同様に、他の地域にも見られる出棺の際に遺族によって故人の茶碗を割る「茶碗割りの儀式」も行われています。
この儀式の意味としては、「あなたが日常的に使用していた茶碗はもう無いので、迷わず成仏して下さいね」という意味で、故人がこの世への未練をきっぱりと絶ち、あの世で成仏できるようにとの願いが込められているのです。

通夜や葬儀の際に、全国的には僧侶の読経中に焼香をしますが、福岡県では、宗派によっては、通夜の読経中は遺族も参列者とも焼香をしないということが多いようです。
焼香を希望する場合、僧侶が退場した後遺影に焼香することになります。

福岡県では、葬儀の前に火葬をする「前火葬」と、通夜、葬儀が終わった後に火葬を行う「後火葬」の地域が混在するため、故人のお顔を見るため参列してもお目にかかれない場合がありますから、事前に確認することをおすすめします。
また、通夜振る舞いは、遺族、近親者だけで行うことが多いようです。

福岡県では、出棺の前に「出立ちの膳(でたちのぜん)」と呼ばれる風習で、遺族、近親者がお別れの会食をします。
柳川市では、こういったお別れの会食の際、冷酒を出すこともあるようです。

八女市の一部では、葬儀の日の朝、近隣の男性により四華花と六灯が木と竹を使い作られ、祭壇、焼香台に供えられます。
四華花というのは、木の棒に細長く切った紙を沢山挟んだものです。
お釈迦様が入滅されたときに、真っ白な花をつけて遺体を覆った沙羅双樹の木花にちなんでいます。
六灯は、六道輪廻をあらわした仏具で白木祭壇に必ず飾られるもので、この二つは出棺の際に納棺するか葬儀終了後お焚き上げされるのです。

コメントは受け付けていません。