キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. お葬式のしきたりや風習~神奈川県編~

お葬式のしきたりや風習~神奈川県編~

神奈川県のお葬式の現在

神奈川県は核家族化や少子化の影響を大いに受けています。
そのために、特に都市部や新興住宅地では、葬儀を初めて行うという家が多いのではないでしょうか。
また、お隣の東京都もそうですが、都市部を中心に家族葬を希望される場合が多いです。
その場合、近隣の方が焼香に行くべきかどうかで迷ってしまうことがありますので、町内会などがあれば「家族葬で行いたい」旨をあらかじめ伝えておく方が良いでしょう。

横浜市、川崎市などの都市部は、東京都と同じく、通夜~葬儀・告別式~火葬~繰り上げ初七日・忌中払いの会食がお葬式の一般的な流れになっていますが、南足柄市や小田原市などの一部では、葬儀の日の午前中に火葬、遺骨で葬儀を行う前火葬というやり方です。

横浜市、川崎市は、公営の火葬場と式場が充実していて、火葬の予約は比較的スムーズにとれます。
しかし、式場は人気があるので、一週間くらい待つということはよくあります。
郊外の地域では、昔からのしきたりが残っている場合もあり、葬儀をお手伝いする隣組等のご近所の助け合いもあるようです。

地域によるあれこれ

大和市の一部の地域では、納棺の際お豆腐を食べる風習があるそうです。
納棺に立ち会った全員がまずはお酒を飲み、その後一丁の豆腐を全員で回して食べます。
角が立たないようにという配慮から四隅の角から豆腐を取り、塩をつけて食べるのです。

残してはいけないルールがありますから、最後の人は食べきるようにします。
参加者が少ないと、最後の人が食べるお豆腐の量が多くなるので、なかなか大変です。

農村部や郊外では、80才以上の方が亡くなると長寿を全うしたとのことで、葬儀中にお祝いの行事をすることがあります。
出棺前に五円玉とキャラメルといったちょっとしたお菓子を配り、火葬中は、お赤飯を食べるのが習わしになっているようで葬儀ではありますが、悲壮感がない、心に残るお別れの仕方です。

神奈川県のお葬式は、葬儀後に出棺し火葬をする「後火葬」で、参列者は通夜に焼香に行くことが多く、平日の葬儀の参列者は通夜に比べると数が減ります。
通夜参列後は、通夜振る舞いの飲食に案内されますので、その際は、故人の供養のために遠慮せずいただくと良いとされているのです。
主に都市部では短時間で退席する人が多いものですが、故人との関係によっては、遺族とじっくり思い出を語り合う人もいます。

通夜振る舞いは、主に立食で、返礼品は、香典返しを兼ねる即返しがほとんどです。
また、最近の傾向で家族葬が増えていますが、家族葬といっても、「親しい人にはお参りに来てほしい」「親族以外は遠慮してほしい」など、人によってさまざまでしょう。
葬儀の準備で忙しい遺族に直接確認するのは悪いので、お寺や葬儀社に問い合わせてみるのも一つの方法です。

また、東京都でもそうですが、通夜振る舞いには必ず箸を付けることになっています。
主に寿司やオードブル等ですが、いただくことで故人の供養になると言う考え方なので、辞退することは失礼に当たるのです。
一口でも箸を付け、口を湿らすようにしてください。

コメントは受け付けていません。