キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. お葬式のしきたりや風習~埼玉県編~

お葬式のしきたりや風習~埼玉県編~

埼玉県のお葬式の現在

埼玉県のお葬式は地域によって違います。
通夜の翌朝、葬儀・告別式の前に火葬を行う「前火葬」の地域と、葬儀・告別式の後に火葬を行う「後火葬」の地域があるのです。
火葬場の少ない地域もあり、友引明けの午前中などは、混み合って希望が通らないこともあり、希望通りに受け入れてもらえないこともあります。
そのため、地域に火葬場のない寄居町などでは、受け入れてもらえないと困ってしまうので、葬儀・告別式の後に火葬を行う「後火葬」が主流のようです。

この時、火葬中に本膳(精進落とし)を行うこともありますが、会場やお寺の都合などで火葬後になることもあり、終了時間が夕方になってしまうこともあります。
中心部から離れた秩父地域などでは、葬儀の前に火葬して、葬儀・告別式の後、当日のうちに納骨する場合が多いようです。

また、一部の地域では、近隣の助け合いの組である「念仏講」が読経などを行い、その後に清めの食事を出すという風習もあります。
このようなことから、ある程度時間がかかることを想定しておいた方が良いです。

地域によるあれこれをご紹介

秩父地域などは、通夜の香典に紅白の水引が掛かっている香典袋を用いるということもあります。
ここで注意したいのは、紅白の水引だからといっておめでたいというわけではないということです。
この意味は「入院中はお見舞いに行けず、申し訳ありません」という気持ちを表したもので、遅くなったけれど、お見舞いをどうぞということでしょう。
こういった時の香典袋の表書きは「お見舞い」になります。

埼玉県では「前火葬」と「後火葬」が地域によって異なります。
川越市では、通夜の翌朝(葬儀・告別式の前)に出棺と火葬を行う「前火葬」が多いようで、その場合、故人のお顔を見るために葬儀に伺ってもすでに遺骨になっているので、顔を見て最後のお別れをするなら通夜に参列する必要があるということです。

葬儀・告別式では故人は遺骨となっていますので、前火葬では、近親者以外は、葬儀・告別式に参列したら退出するようになっています。
近親者は、その後の納骨式にも参列することになっていて、ほとんどの地域では、通夜の参列者に軽い食事や酒を出す「通夜振る舞い」があります。

埼玉県の北部では、参列者が死装束の一部を身に付けて、故人を天国に送るという風習があります。
「金剛杖」が参列者に配られますので、それを手に参列するのです。
また、男性の参列者はこのほか、三角形の布を額に付けることがあります。
この三角形の布は、ここでは「かんむり」と呼ばれているそうです。

寄居町では火葬場が町に無く、さらにどこの広域斎場にも属していないので、友引き明けの日は、午前中は火葬場に受け入れてもらえません。
そのために、午後の火葬になりますので、ほとんどの葬儀が後火葬で行われます。

また、本膳も火葬中に行う火中本膳を嫌うお寺さんが多く、後火葬をして帰って来てから、本膳を行います。
そのために、終わる時間が夕方以後になる事が多いです。
また、寄居町の一部の古い地区では、念仏講を行う所もあり、その後に清め(食事)等を行うので時間がかかります。

コメントは受け付けていません。