キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. お葬式のしきたりや風習~東京都編~

お葬式のしきたりや風習~東京都編~

東京都の葬式のしきたりと風習

東京都のお葬式は、ほとんどが葬儀後に出棺し火葬をする「後火葬」で、通夜~葬儀・告別式~火葬~繰り上げ初七日・忌中払いの会食が一般的なお葬式の進行となっています。
日本全国のお葬式の傾向は「通夜は親族だけでしめやかに、告別式は盛大に」というものですが、東京都では通夜の方に一般の方が多く参列して、葬儀・告別式は親族を中心に行うのが一般的です。

また、東京都では、通夜の参列者に「通夜振る舞い」を行うのが一般的になっていますが、福生市などでは行ないません。
「通夜振る舞い」は焼香を終えた人から順に別室へ案内し、軽い食事や酒を出すものです。
通夜振る舞いを省略する場合は、手土産を用意します。

最近は、あらかじめ大まかな人数や料理の内容、手土産の有無などを決めておき、葬儀社に報告すると手配を葬儀社で行ってくれますので、遺族はだいぶ楽になりました。
また、しきたりとは違いますが、東京都の大きな特徴でほかの地域に比べ民間の火葬場が多いのです。
23区では、公営の火葬場が江戸川区の瑞江と大田区の東海に2ヵ所ので、ほかは民間が運営する火葬場になっているのです。

東京都ならではの特色

東京都では人口が多いために、公営施設や火葬場併設の民営施設など、特に人気のある式場では1週間先まで予約が埋まっていることがあるのです。
そのため、通夜を行えるのが7日後ということも珍しくないのですが、他の地域の人から見ると珍しいものと感じるでしょう。
お葬式までの期間、故人は自宅、または火葬場に併設されている冷蔵保管庫や葬儀社の安置施設などで安置されます。
特に年末は込み合っていて、葬儀まで10日以上待たなければならないということよくあり、この場合、初七日は、繰り上げではなく、繰り下げになってしまうのです。

東京都のお葬式の場合、参列者は通夜に焼香に行くことが多く、平日の葬儀には、参列者は少なくなります。
亡くなった方との関係が近しい場合は、通夜と告別式の両方に参列した方がよいとされていて、その場合、香典は通夜のときに渡し、葬儀・告別式では受け付けだけです。

通夜参列後は、通夜振る舞いの飲食に案内され、通夜振る舞いを出されたら、故人の供養のため、遠慮せずに箸をつけるのがマナーになります。
ただ、長居はせず、30分~1時間をめどに退席するのが望ましいでしょう。
また、23区の通夜振る舞いは着席が多く、都下の場合は立食が多いようで、返礼品は香典返しを兼ねる即返しになります。

各地域の特徴

東京都の多摩地域では火葬場から戻ると、逆さに置かれた臼に腰かけて清め塩をするのですが、臼がない場合は臼の絵を描いた半紙を逆さにしてイスに貼り付けて代用するということです。
あきるの市や日の出町ではお通夜は通常通り行いますが、告別式は朝、火葬してから行います。
瑞穂町はお通夜の時に、一般へのお清めは行わずに、一般弔問者に清酒に砂糖やお茶をセットしたお清めセットを配るのがその地域では一般的です。

多摩地域は家蚕(養蚕業)を営んでいた農家が多いので、夏のお盆の日程が様々です。
7/30~8/1や8/1~8/3など8/13~8/15が繁忙期にと重なるので、日程を変えて行なっていました。
今でも、その慣習が残っているようです。

コメントは受け付けていません。