キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー

韓国の伝統的な葬儀

覚えておきたい他国の葬儀マナー

お友達に海外の方がいると、葬儀に参列することもあります。
最近は日本もグローバル化が進んでいるため、葬儀に関しても関係する国の葬儀は理解しておきたいものです。

日本は無宗教というご家族も多く、葬儀に関しても現在、幅広い種類の葬儀が行われるようになっていますが、世界では宗教色が濃い地域が多く、葬儀のマナーについてもしきたりが色濃く残っているところが多いので注意が必要です。

お亡くなりになった方に最後のお別れをする儀式です。
その方のお国の葬儀を理解し、心を込めてお別れすることが大切です。
韓国の方と国際結婚される方も多くなっていますので、韓国の葬儀について理解を深めましょう。

韓国の葬儀はサルミチャンと呼ばれる葬儀

サルミチャンというのは韓国語で3日葬という意味があります。
3日間をかけて葬儀を行い故人とのお別れをする儀式です。

三日三晩、尋問客をお迎えし来てくださった方に食事をふるまいます。
日本では通常、通夜の席で食事やお酒をふるまいますが、韓国は三日三晩、葬儀に来ていただく方々へ食事をふるまうことになるので、遺族はかなり負担を負います。

1日目は各所連絡と準備、2日目に通夜的な儀式、3日目が告別式ということなので、基本的に日程は日本の葬儀と同じようなイメージです。
1日目は喪服の必要がなく、2日目から喪服が必要で、8親等以内の親族は正装です。

日本で韓国式の葬儀を行うには

日本で韓国式の葬儀を行いたいという場合でも、韓国と全く同じように三日三晩葬儀を執り行うということはできないので、仏教職が濃い葬儀となります。(韓国は儒教式葬儀)

日数は日本式に通夜と告別式の2日間、お亡くなりになった方の衣装、供物、葬儀の飾りなどは韓国式で行うというのが最も多いようです。
こうした葬儀の道具などをそろえる際には、在日韓国人の方が多い地域の葬儀社を訪ねると利用できます。

葬儀の具体的な流れ

故人に新しい服を着せて白の布団もしくは白の布をかぶせます。
ご遺影を飾りその両脇にろうそくを立て香をたき、自宅の玄関などには喪中の紙を貼ります。
門の前には謹弔の提灯を下げ、親しい友人や関係者に訃報を知らせます。
申告や連絡係、案内などの担当を決めて1日目が終わります。

2日目、亡くなった方の体を清め、寿衣(スイ)と呼ばれる死装束を着せ布で覆います。
故人のお口に水を含ませた米をいれ、お亡くなりになってから24時間経過した時点で故人を棺に納めます。
棺の前には屏風、その前に黒いリボンをかけたご遺影を置き、両脇にろうそく、香を立てます。
遺族は喪服をきます。
8親等以内は正装です。
尋問客を迎え食事をふるまいます。

3日目は祭祀「チェサ」と告別式を行ったのち、出棺です。
棺を運び墓穴へ、喪主が3回土を盛ったら、その後土を盛り上げるように墓を作ります。
お墓の前には零座を作りそこにお供えを置いて祭祀を行います。
その後帰宅し、個人の魂を家に迎え入れるために祭祀を行います。

焼香は日本と同じように行いますが、クンジョルというお辞儀をすることが必要です。
膝をつく深いお辞儀です。
遺影に向かってクンジョルを2回行い、たった状態でお時期を行うのがマナーです。

また日本の場合、尋問は遅くても夕方までにといわれます。
これは夜になってから訪れると、ご遺族に迷惑になるという配慮からです。
しかし韓国では交代で尋問客を迎え入れてくれるので、尋問は24時間大丈夫です。

コメント欄は閉じられています。