キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー

喪主・遺族の服装

遺族側の服装に関して

喪主・遺族に関してはしっかりとした服装にしておく必要があります。
また現在では通夜の時から喪服を着て対応する人も少なくないという事を知っておきましょう。

男性の場合、和装にするか洋装にするかはその人の自由です。
一般的には和装ではなく洋装の方が多く、ブラックスーツを着て喪服としている人も大勢います。

またシングルでもダブルでもどちらを着ても別にかまいませんが、ベルトのバックルは光らない様にする事、またネクタイピンは使いません。

夏服と冬服で少々違っては来ますが、光沢がないようにする事がとても重要です。
またハンカチを利用する事もあるので前もって用意しておくのが重要ですが、柄物ではなくて白や黒など地味な色・シンプルなデザインの物を利用するようにしましょう。

喪主の場合は洋装であれば正礼服を着る事もありますが、ブラックスーツを着ても大丈夫です。
暑い時期であってもジャケットなしは良くないので、ちゃんとジャケットを着るようにしましょう。

女性は極力露出を避ける

女性の場合も洋装にするか和装にするかはその人の自由ですが、出来るだけ肌が露出しないような服にする必要があります。
また金属を利用していると結構光ってしまう事があるので、出来るだけ光沢がない、光らない素材の物を利用するのが重要です。

足の色などを出すのも良くないので、ストッキングは黒を選ぶようにします。
また夏場はストッキングでも良いのですが、冬の寒い時はタイツをはいても構いません。

喪主の場合は洋装でも和装でもOKですが、派手にならない様にするのが重要です。
ベルトやボタンが光ってしまのも良くないので、出来るだけ光らない素材でできている服を選ぶようにしましょう。

喪主・遺族に関しては葬儀に参列してもらう側として出来るだけしっかりとした服装をする必要があります。
その為、弔問客であれば許される感じのものであっても、喪主・遺族の場合はそれをしない方が無難と言えます。

またその時は派手にならない事、肌を露出しない事、女性の場合は化粧やネイルにも注意するようにしましょう。
特に化粧に関しては普段はしっかりとメイクをしているとしても、葬式の時は出来るだけ薄化粧にします。

また口紅は出来るだけ塗らない様にしましょう。
ネイルに関しては派手な感じの物を着けているのはあまり良い事ではないので、その場の雰囲気に合う感じにしておくようにするのが重要です。

出来るだけ派手にせず、ナチュラルな感じにするのを心がけ、葬式の時にどのような服装にするか、またどういうものを持つか、メイクやヘアはどうするかなどをしっかりと選ぶようにしましょう。

コメント欄は閉じられています。