キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
子供

子供の服装

意外と難しい子供の服装

葬式の時、大人の服装に関しては結構分かり易いのですが、困るのは子供の服装です。
制服がある場合はそれを着用すれば良いのですが、それがない場合は何を着せれば良いのか困ってしまう事も少なくありません。

男の子の場合

では子供の服装とは一体どういう感じにすれば良いのでしょうか。
まず男の子の場合は、制服がない時は出来るだけ地味な服装にします。

黒・紺・茶等の地味なジャケットに、白シャツ、そして黒のネクタイを締めるようにしましょう。

またこの時は黒系の地味なズボンを穿かせます。
丈に関しては別に長くても短くても構いません。

靴下は黒か白の物にして、靴は黒い光沢がない靴にするのが一般的です。
ただ場合によってはなかなかそういう物が手元にない場合も少なくありません。

そんな時は親戚の人などに少し色がある靴でも良いかなどを聞いてみるのも一つの方法です。
それ程かしこまっていない場合などは、子どもの場合はそれほど厳密に注意する必要がない事もあります。

女の子の場合

女の子の服装は、黒系の地味なワンピースにするのが基本です。
また白のブラウスに黒のスカートをはいて参列する事もできますが、この時は出来るだけ柄物のシャツとかではなくシンプルな物にするようにしましょう。

また靴下は黒や白、靴は光沢がない物、派手な飾りが付いていない物にするようにしましょう。
スカートの丈は一般的な感じで構いませんが、髪の毛が長い子に関しては、結う時は派手な色のゴムを利用するのではなく、出来るだけ黒・紺・茶・グレーなどの色にする方が無難です。

ただ子どもの服装の場合はそのお葬式の時のみしか着ないなんていう事も少なくありません。

またなかなか買いに行っても見つからない事もあるでしょう。

そんな時は周りに相談できる親族がいたらその人にどうするほうが良いのかを聞くようにすると、色々と教えてもらえます。
とはいえなかなか教えてもらうことができない時は、出来るだけ派手にならない様にするのが無難です。

ある程度子どもなのでなんでも許されるとは言えますが、派手過ぎる物はあまり良くありません。
勿論通夜の場合は地味な色の服であれば大体はOKとなりますが、葬儀・告別式の場合は服を用意するだけの余裕があるので、出来るだけその場で浮かないような感じの服にするようにしましょう。

従って、基本的には制服がある時は制服を、ないときは出来るだけ地味な服にするのを心がけます。
またシャツにスカートだけという風にするのではなく、しっかりと上には黒・紺・茶などの色のジャケットを羽織るようにしましょう。

コメントは受け付けていません。