キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー

女性の服装

男性より注意点の多い女性の服装

女性の場合、様々なファッションを楽しんでいる人も大勢いますが、葬式の時は服装・持ち物にはしっかりと注意する必要があります。
また男性以上に注意する必要がある点も多いので、出来るだけご遺族に失礼が無いように注意しましょう。

まず通夜の場合男性同様地味な平服で構いません。
この場合も喪服は前もって用意していたという印象を相手に与えてしまう可能性があるので、平服で行くのが無難です。

ただどんなものでも良いかと言ったら決してそうではなく、黒・紺・茶の地味なスーツかワンピース等にしましょう。
また靴は黒で、黒かうす橙のストッキングをはいて肌が出来るだけ露出しない様に心がける必要があります。

訃報を聞いてから通夜まで時間がある時などは喪服で行ってもかまいません。
葬儀の場合は喪服かもしくは地味な平服を着ていれば大丈夫ですが、この時平服を着るなら出来るだけシンプルな物にするようにしましょう。

メイクもシンプルに

メイクは出来るだけシンプルにする事、さらに真っ赤な口紅とかは厳禁です。
ネイルもするならば地味な感じで目立たないような物にしましょう。

髪の毛の色は染める事が出来るのであれば黒が望ましいのですが、無理な場合も結うなどして出来るだけすっきりとさせるように擦るのが無難です。

アクセサリーは結婚指輪以外は基本的には着けませんが、1連のパールネックレスであれば着けても構いませんが2連は着けてはいけません。

肌の露出は厳禁なので、素足ではなくストッキングをはくようにしましょう。
また靴に関してはミュールやサンダルなどをはくのではなく、光沢がない黒の靴を履くようにするのがお勧めです。

バッグは光沢があるものなどは避けて布製の小さな物などを利用します。
女性の場合、男性に比べると注意すべき点がどうしても多くなってしまう事は少なくありません。

しかし普段通りの服装をしている場合は相手に対して失礼に当たってしまう事もあるので、出来るだけ地味にシンプルにしてしておくようにしましょう。

特にネイルやアクセサリーなどを普段多用している人は、通夜・告別式・葬儀すべての時でそれを出来るだけ利用しない様にする事が重要です。

また光沢があるもの等も良くないので、出来るだけ光らない素材の物を選ぶようにするのが良いでしょう。
髪の色に関しては極端に派手な色でなければそのままの色で行く事も可能ですが、しっかりとした完璧な身なりで行きたいと思うのであれば、黒にするスプレーなどを利用するのもお勧めです。

コメント欄は閉じられています。