キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
男性

男性の服装

TPOをわきまえた服装を

服装はTPOをわきまえた物にしておくのはマナーの面から言ってもとても重要です。
特に冠婚葬祭に関しては相手に失礼が無いようにしっかりと注意しなければいけません。

では男性の葬式の服装とは一体どういう感じなのでしょうか。
葬式、つまり通夜・葬儀・告別式の時の男性の服装は、基本的にはダークスーツ・白シャツ・黒ネクタイ・黒靴下・黒靴が基本です。

ただ通夜と葬儀・告別式では少々違うのでその点だけはしっかりと理解しておくのをお勧めします。

まず通夜に関しては、喪服で行く必要はありません。
喪服はいつも簡単に着る事が出来る物ではなく、前もって用意しておく必要があるものです。

従って通夜で喪服を着ていく事は「その為に準備をしていました」と相手が思ってしまう事もあり、場合によっては失礼に当たってしまう事が有るので地味な平服で行く方が無難でしょう。

ただ訃報を聞いてから時間がある場合は服の用意をする事が出来るので、喪服で行っても大丈夫です。
また急いで通夜に駆けつける場合は地味目の平服を用意する事もなかなかできない事も少なくありませんが、そういう時は少々カジュアルな服でも構いません。

しかしカジュアルすぎる物、また色味が派手な感じの物にはしない様にしましょう。

葬儀・告別式の時は喪服か地味な平服を用意するようにしましょう。

葬儀・告別式の服装

ただ注意すべき事は「平服」という事です。
なかなか分かりにくい場合が少なくありませんが、この場合礼服ではなくても良いというだけで、カジュアルな服でも良いというわけではありません。

またスーツに関してはシングルでもダブルでもOKですが、礼服でなくても良いという事でスーツで行く人はシャツには気を使うようにしましょう。

基本的には白にする事、また柄物は利用しないのが無難です。
ネクタイピン、胸ポケットから出るポケットチーフは利用しない様にして、出来るだけシンプルな感じにします。

靴は光沢がない黒が基本で、金属が付いている物は出来るだけ避けるようにしましょう。
重要なのは出来るだけ光らない様にする事なので、光沢があるものとか金属が見える状態にするのは避けるべきです。

また悩むのが結婚指輪や時計、その他のアクセサリーになりますが、結婚指輪と時計は着けていても良いのですがそれ以外のアクセサリーは外します。

時計も派手な物の場合は光りすぎるので、その場合は外す方が無難でしょう。
男性の場合、女性に比べるとそれほど服装に対して気を使う必要はありませんが、喪主やご遺族に対して失礼が無いようにしなければいけないので、出来るだけ服装には注意するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。