キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー

遺体の搬送・近親者への連絡

遺体の搬送について

人が亡くなった時、その故人の遺体を家に連れて帰る必要があります。

ただ一般的な車ではなかなか故人を連れて帰る事は難しい為に専用の車を利用するのが一般的で、その車が寝台車です。
しかし連絡もなしでその車を利用する事は出来ないので、まずは葬儀社の方に連絡をするようにしましょう。

そして寝台車で自宅まで遺体を連れて帰ってもらいます。
ちなみに病院などから自宅へ遺体を乗せる寝台車と、自宅から葬儀場や火葬場まで遺体を乗せる霊柩車ですがなかなか違いが分からないという事もあるのですが、実は大きな違いがあります。

寝台車の方は遺体と付き添いの人が乗る事が出来るスペースがあるのです。
従って、病院で家族が亡くなった時は、寝台車で自宅まで遺体を連れて帰る事になりますが、その時は一緒に家族も乗って自宅まで行く事が出来ます。
霊柩車の時は遺体と一緒に付き添いの人が乗るスペースはありません。

さて遺体を搬送する時、残された家族は葬儀社に連絡をするだけでなくそれ以外にもすべき事があります。
それは遺体を安置するスペースを確保するという事です。

遺体安置について

従って誰かが先に自宅に帰り部屋を掃除し、綺麗なシーツをかけた布団を敷いておくようにしましょう。
布団は今まで利用してきた物で構いませんが、出来ればシーツは新品の物にしておくのがお勧めです。

またその時は遺体を運ぶ時に邪魔になりそうな物がないように、通り道にある物は全て移動しておくようにすると、スムーズに遺体を安置する事が出来ます。

ただ場合によっては簡単に遺体を自宅まで運ぶ事が出来ない事も少なくありません。
そういう時は葬儀社の中には一時的に遺体を預かってもらえるサービスがあるので、そういうのを利用するのもお勧めです。

またこの時近親者への連絡を忘れてはいけません。
色々な手配などがあってバタバタしてしまう事もありますが、故人が亡くなった事を知らせる必要がある人には連絡をするようにしましょう。

また一般的には電話で連絡をする事が多いのですが、電報を使うという事もできます。
知らせる相手は別居の家族や親族、故人が親しくしていた友人や故人の勤務先、近所の人などになりますが、残された家族となかなか連絡ができない時は、ほかの親族や友人などが代わって連絡をするようにしましょう。

この連絡ですが、緊急の場合となるので連絡をする時間帯はいつでも失礼になることはまずありませんが、故人とどのような付き合いをしていたかなどが分かる時はそれを考慮して連絡する時間帯を考える必要があります。

コメント欄は閉じられています。