キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. 献花を選ぶときに気を付けたいこと
欄

献花を選ぶときに気を付けたいこと

献花を選ぶときに注意しておきたいポイントとは

人がお亡くなりになるのは時に突然です。
病気をされていて長く療養し、とうとう亡くなってしまったか・・・ということもありますが、不慮の事故や急な病でこの世を去る方も少なくありません。

葬儀という場で葬儀のマナーを理解しておくということは非常に大切なことで、特に社会人になったら、葬儀について一通りのマナーを理解しておくことが重要です。

葬儀の際に献花する際、通常霊前、神前に向けて故人の事を思いお花を贈るという気持ちを忘れてはなりません。
供花、献花は、葬儀の際、故人にむけて生前お世話になったことなど感謝の気持ちとさようならの気持ちを込めて送ります。

最近は宗教等にこだわることなく故人とのお別れの会などを行うことも多くなり、その際にもお花を送る際、献花といいます。
供花も献花も大きく通じる部分があるので、しっかりとマナーや注意点を考慮しておきましょう。

献花を選ぶ際、理解しておくべき点とは

最近は家族葬など、小さい規模で行う葬儀も多くなっていますが、このような小規模の、ご家族だけで静かに見送りたいという時、大きな花輪などを送るというのはふさわしくありません。
ご遺族に直接どのような花にしていいのか聞ける場合なら直接遺族にお聞きし、聞けないようなら葬儀社の方に連絡し、どのようにすればいいかを確認します。

葬儀場は通常花屋さんと提携していますので、提携先の花屋さんに葬儀場から献花、供花を選んでもらい送るということの方が、その葬儀に相応しいお花を選んでくれると思います。
花屋さんから直接供花、献花など依頼して贈るという場合には、葬儀の事に詳しく、葬儀社との連絡などもできる実績と経験のある花屋さんに依頼する方が安心です。

最近は誕生日や記念日に贈るお花を専門的に扱っているような新しい花屋さんなども多くなっていますので、この場合、葬儀に相応しいお花を選んでくれるかどうかわかりません。
そのため、なるべく実績のある花屋さんに依頼する方が安心です。

出席できない場合はどうなのか?

訃報を知ったけれどどうしても葬儀に参列する事が出来ないという場合でも、献花は送っておくべきです。
この場合、献花と共に弔電を一緒に贈っておくと、ご遺族に対して失礼にならず、悲しみの気持ちを伝え、行くことが出来ない不義理を詫びるということもできるでしょう。

ご遺族側としては供花、献花していただけるだけでもありがたいという気持ちを持ちますが、弔電にはその方のメッセージが添えられているので、悲しみの気持ちを持ってくれている、遺族を思いやってくれているという気持ちを感じてくれると思います。

インターネットの注文については細心の注意が必要

インターネットでお花の注文をされる機会も多くなっていますが、この場合、最新の注意が必要です。
何度も利用してどういう花屋さんなのか、ある程度分かっているということならいいのですが、現物をこちらで確認できないというのは少々怖さがあります。

激安などのネット利用は行わず、通常の金額で丁寧に作業してくれるところを選択する事が必要となるので、近しい方がお亡くなりになった場合や、親類という場合、避ける方がいいのかもしれません。

宗教によって送る花が違う事を理解する

宗教によって送るべき花が違うということもあります。
キリスト教の倍亜、カーネーションや白ユリなどが利用されることが多く、仏教では菊、ストレリチア、その他果物などの盛籠を用意することもあります。

宗教によってこうした違いがある事を理解し、その葬儀に最もふさわしいものを送ってもう為にも、葬儀社に相談されてからお花などを選択される方がいいでしょう。

コメントは受け付けていません。