キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. 葬儀によく使われるストレリチア(極楽鳥花)について
数珠

葬儀によく使われるストレリチア(極楽鳥花)について

祭壇を美しく飾ってくれるストレリチア

皆さんは葬儀の際に利用する花というとどのような花を連想しますか?
多分多くの方が菊の花、特に白い菊の花を連想すると思いますが、この葬儀の時に利用するお花について、今は色々な種類の花が利用されています。

例えばかなり規模の大きな葬儀という時、白いランを利用した豪華の葬儀というのも見かけますし白いバラを利用している荘厳な葬儀なども見かけます。
故人が生前好きだった花を利用した葬儀は、参列された方が献花するは何も利用されるため、心の奥にしっかりと残る思い出となる葬儀ではないでしょうか。

菊の花を使って祭壇を飾るということなら、美しく荘厳で昔ながらの葬儀というイメージがありますし、バラや別の花を利用して作ると、故人が好きだったというイメージや、いつもの葬儀とはまた違う印象的な葬儀と心に残ります。

この時、例えばワンポイントで少し色を入れるという際に利用する花にストレリチアがあります。
この花は極楽鳥という意味がありますので、極楽に行けますようにというご家族の願いを背負ったようなお花です。

極楽鳥、あの世とこの世をつなぐ渡り廊下の案内人と呼ばれる花

極楽鳥によく似たストレリチアはあの世とこの世をつなぐ渡り廊下の案内人と呼ばれているお花です。
ストレリチアという名がついているこのお花は、オレンジ色の中に薄い紫の花がふんわりと色づき、またこの形も非常に格式高いというイメージの形をしています。

天国にいるといわれる極楽鳥と呼ばれる想像上の鳥、その創造の上での鳥は美しいオレンジの羽を持っている鳥です。
極楽鳥にそっくりな花、ストレリチアは極楽鳥の化身といわれる花なので、葬儀という場にはまさしく、ピッタリです。

葬儀にストレリチアを利用することで、まるで故人を極楽鳥が迎えに来てくれたようなイメージがあります。
南国というイメージがある色ですが、この色こそ、故人をしっかりと極楽に導いてくれると考えられます。

非常に特徴的な色をしていますし、形もかなり変わっているので、この花が嫌いという人も少なくありません。
故人が嫌いということなら利用しないほうがいいと思いますが、この極楽鳥の化身という意味があると聞くと、葬儀に利用したいと思う方が多くなるといいます。

大切な人、大好きな人、家族にとってなくてはならない人がお亡くなりになった時、確実に極楽にいけるようにと、僧侶に読経を依頼し参列していただいた方々とみんなで祈ります。
そこに極楽鳥の化身であるストレリチアがあれば、より一層、極楽が近くなったような気がして、これから故人がしっかりと幸せなあの世にいってくれると、残されたご家族も安心するのではないでしょうか。

葬儀にこのオレンジ色のストレリチアをポイントで利用するということでもいいと思います。
あの世を連想するストレリチアも、葬儀に利用する候補として理解しておくといいでしょう。

コメントは受け付けていません。