キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. 献花と供花、枕花の違いについて
白い花

献花と供花、枕花の違いについて

葬儀の際に利用される母、献花、供花、枕花

葬儀の際には、供花、献花などを贈る事がありますが、その他にも枕花という花が利用されます。
この供花、献花の違い、枕花とは何か?という意味などを知っておくことも、葬儀について恥をかかない要因となります。

社会人になると葬儀に参列する機会というのは年を追って多くなります。
上司などがお亡くなりになって葬儀に参列するということもありますし、親類の葬儀、また代表者がお亡くなりになった場合、社葬への参列ということもあるでしょう。

葬儀についてマナーや注意点を知っておくことは恥をかかない要因となりますが、この葬儀に利用されるお花についてもしっかり理解しておくべきです。

葬儀の花の区別、しっかりついているでしょうか

葬儀という時には、香典、また礼儀作法をしっかりしないと・・・という点にばかり注意されるのですが、花についても葬儀の時には注意しなければなりません。

葬儀というのは本来、お亡くなりになった人を現生からあの世におくるという厳かな儀式となるものです。
しかしお亡くなりになった方との最後のお別れのとき、何もないということでは忍びないので、そこにお花を飾ります。

このお花には、最後のお別れを美しい思い出にするという思いを込められていますが、大切な人を亡くされたご家族の気持ちを慰めるという思いも込められているのです。

葬儀の花について、献花、供花、枕花などそれぞれに意味があります。
この利用する花の違い、意味とはどういうことなのか紹介します。

献花、供花、枕花の違いとは

献花というのは参列する方が祭壇に供えるお花の事を言います。
キリスト教では特に、お焼香の代用となるもので、1人1本ずつお花を取り順番に祭壇においていくというものです。
この献花についてはあらかじめ用意されているお花を用います。

供花はくげとも呼ばれるもので、葬儀会場、祭壇を飾る花の事です。
故人にお悔やみの気持ちを伝えるものとされ、献花は故人への手向け、供花は同じ意味を持っていますが、祭壇を飾るという意味も持っています。

枕花は血縁の方、故人と特別に親しかった人が、故人の枕元にお供えするために用いられる花です。
小籠に白い生花が入っている物を故人にささげるのが一般的となっています。

用いる花は宗教等によって違いがある

用いる花については地域によって違いがありますが、宗派によっても違いがあります。
仏式、神式の場合、白の菊、ラン、ユリなどを用いた花輪、花籠を供花とし、祭壇に合わせてスタンド型などのアレンジしたものを飾る事もあります。
基本は白ですが、故人が好きだったお花を飾る事も多くなっています。

キリスト教の場合、献花には白いカーネーションや白ユリを用いるのが一般的です。
また生花でなければならないなどの決まりもありますので、ご遺族が利用される葬儀場や葬儀会社の方に、どのような花がいいかを聞いてみる方がいいと思います。

コメントは受け付けていません。