キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. トルコキキョウは葬儀でよく使われます

トルコキキョウは葬儀でよく使われます

葬儀に利用するお花はどんなお花が理想的なのか

最近は葬儀に行くと様々なお花が利用されているのを見かけます。
仏教でもその他の葬儀でも、もっともよく利用されているのが菊の花ではないかと思いますが、この菊というお花、実は古くから日本で葬儀に利用されてきたお花ではなく、ヨーロッパ地域で利用されてきたといいます。

ヨーロッパ地域で古くから格式の高い花とされてきて、しかも葬儀の時に利用されることが多いということから、日本でも葬儀で利用するようになったといわれています。
菊のほかにも、白いバラ、カーネーションなどの花を利用することもあります。

葬儀というと白い花を連想しますが、白の花以外でも最近は様々な色の花が利用されています。
昔はお花も明るい色を利用するのはタブーといわれていましたが、最近はそういうこともないようです。

ひまわりやチューリップなどのお花を利用する事もあります。
例えば考えたくないことですが、お子さんが病気やけがなどでお亡くなりになった場合、葬儀という時にも、白い菊などを利用するのではなく、そのお子さんが好きだったお花を手向けたい、葬儀に利用したいという気持になります。

通常葬儀については、どのような花を利用するか?など決まっていないので、宗教に差し障りがないということなら、好きなお花で祭壇を飾り、お見送りをしてもいいと思います。

最近葬儀で人気のトルコキキョウ

最近葬儀で人気となっているのが、トルコキキョウという花です。
トルコキキョウの花言葉はすがすがしい美しさ、希望、優美という意味があります。

葬儀の際に美しくすがすがしくお花を見せてくれるということも葬儀にピッタリですが、希望という意味も葬儀にいいのではないかと思います。

葬儀は悲しみのお席となりますが、この先、故人が亡くなってからも希望をもって生活していかなければなりません。
こうした希望を持った生活を送るというスタートになるのが、故人がお亡くなりになり、葬儀という時です。

トルコキキョウの美しい花を葬儀に利用することで、この先、故人の遺志を継いで頑張らなくてはという気持になれると思います。

西洋での花言葉、穏やか、感謝という意味がある

日本の花言葉でトルコキキョウは優美、希望、すがすがしい美しさですが、西洋の花言葉では感謝、穏やかという意味がありますので、葬儀にピッタリの花ということです。

葬儀の際に、亡くなられた方のご遺族は参列された方々に感謝の気持ちを持っていますし、穏やかにお見送りしたい、穏やかに故人が永遠の眠りにつけるようにという願いをもって葬儀を行っています。

葬儀にどのような花を利用するか、それによって葬儀のイメージなども全く違ってきます。
故人の葬儀が参列者の心に穏やかに残るような葬儀という時、トルコキキョウなどもオススメです。

コメントは受け付けていません。