キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. 伝統的な葬儀の弊害を考える
田舎

伝統的な葬儀の弊害を考える

伝統的な葬儀

田舎に限らず、古い地域では、いわゆる伝統的なものとしての儀式としての葬儀を重要視します。
故人のために隣保や自治会が葬儀をフォローするという形のものです。

年齢の長けた人達が、お通夜や葬式における接待やお茶やお菓子、食事の準備をしますから、非常に多くの人による葬式のバックアップがなされることになります。

食品類を何をどれだけ購入するかは、年齢が上の方のベテランの人により采配され、買い物係や調理係受付係と分担を決めます。
私の実家では男性が大抵テントなどを張り、受付も行います。

通夜にも葬儀にも参加して、非常に盛大な葬儀となりますから、規模の大きな見映えのする葬式になるのは確かです。
もちろん葬儀内容は葬儀会社の出向により行われますから、祭壇もしっかりと斎場でするのと同じぐらい重厚感と醍醐味があります。

村内のベテランさんが、葬儀会社や寺院、その他も折衝してくれますので、遺族は接客だけで済むので助かるのですが、葬儀後は道で人に出会う度にお世話になりましたと頭を下げる、気を遣った日を送ることになります。

地域社会のつながりが未だに強い地域でも、段々に家で葬儀を行うことで患う精神的な気遣いも避けたいということや、葬儀を手伝う側になった時の煩わしさも嫌であるということから、会館での葬儀に変わってきています。

大々的な葬儀やパーティ式の葬儀もできる葬儀会社もありますし、大中小どんな葬儀にも実績のある葬儀会社にお願いし、地域の人達はバスに乗り込み、会館まで行き、受付の手伝いをすることと葬儀に参列するというものになってきていますので、都合の悪い人は参加できなくても、人手は必要のないため、気を遣うこともありません。

私の実家では、通夜の日と葬式の日に出席する人を分けて、どちらかに1人出れば良いと言うことになっているので、助かっているようです。

故人を静かに見送りたい

もちろん、地域の世話役が行ってくれていた葬儀会社やお寺さんとの折衝は、喪主や遺族が行わなければならないということになりますが、これを機に、盛大な葬儀は行わず、故人のための質素な葬儀にしたいという希望を叶える人もいます。

伝統的な葬儀は、喪主や遺族にすれば、たくさんの人が訪れるとしても、知らない人ばかりですし、ゆっくりと故人との別れをする静かな時間の中で精神的な余裕のあるものにしたいと思うのが、心ある葬儀の形態とも言えます。

自分が故人の立場に立った時に何を希望するのか、地域や会社が関わる盛大な葬儀なのか、家族がその費用に苦労してもそれを望むのかなどを考えると、社交的な儀式から、親族の気持ちでする葬式へと変わりつつある現代です。

有名で、家の格もある人であっても密葬を臨んで亡くなるという知らせも多くなりました。
家の格や権威を示すための立派で派手な葬儀をしないと言っても、理解をしてくれる社会になってきたと思います。

コメントは受け付けていません。