キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー

キリスト教式葬儀のマナー

キリスト教式の葬儀

数こそ多くはないものの、敬虔な信者の率が高いのがキリスト教です。
キリスト教徒が亡くなった場合には、日本であっても仏式ではなくキリスト教式の葬儀が行われる場合があります。
では、キリスト教式の葬儀においてはどのようなマナーがあるのでしょうか?

キリスト教

まず、キリスト教式の葬儀では仏式のお焼香に変わって献花が行われるので、そのマナーについて見ていきます。
花については自分で持っていくのでも良いですし、会場に用意されているものを利用するのでも構いません。

会場によっては用意がない場合もあるため、その点は先に確認をしておくようにしましょう。

会場の花を使う場合には、自分の順番が来たらまず一礼をしたうえで、その花を両手で受け取り献花台へと進みます。
献花台の前でももう一度一礼をして、茎が墓前の方に向くように献花します。

つまり、花の側が自分の方に来るように献花をすることになるわけです。

持ち替えて献花を行ったら、手を合わせて頭を下げて黙祷を行います。
仏式の焼香の場合には先に黙祷をしてから焼香をすることになるために、この点を間違わないようにしましょう。
献花が終わったら静かに自分の席へと戻って終了となります。

文化の違い

キリスト教と仏教では、そもそも「死」に関する考え方に違いがあることを理解しておく必要があります。
仏教における死というのは悲しく、穢れのあるものだとされています。

対してキリスト教における死というのは、現世から解放されて神の身許へと召される、一種幸福な出来事として扱われます。

これは文化的な違いにも現れており、日本では墓地の近くは地価が下がる傾向がありますが、キリスト教国ではあまり墓地の近くであることをマイナスに捉える人が多くはありません。

閑話休題、では、その文化の違いがキリスト教式葬儀にどのような違いをもたらすのでしょうか?
ここで気を付けなければならないのが、言葉です。

一般に仏教式の葬儀でよく使われる言葉として「ご愁傷様です」というお悔やみの言葉があります。
前述の通りキリスト教において死というのは一種の救済であり幸福な出来事であるために、このように死が不幸であることを感じさせるような言葉を話すのはマナー違反となる場合があります。

とはいえ日本で生きてきたキリスト教徒の方であれば理解があることが多いので、ついつい言ってしまうようなことをそこまで恐れる必要はありません。

お悔やみの言葉の代わりに「お知らせ頂ましてありがとうございます」といった招待に対する感謝の言葉や、「安らかな眠りをお祈りします」といったような、プラスイメージのある死への悼みを遺族に伝えるのが無難です。

カトリックとプロテスタントでさらに違いがある場合もありますので、その点についても注意しておくと良いでしょう。

コメント欄は閉じられています。