キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー

会社葬で些細なことで配慮が必要なことがたくさんある

社葬のマナー

社葬の依頼を会社より提案された遺族が、それを受け入れた時に、会社の社員は当然みんな手伝いをすることになります。
遺族にとって社葬は会社の次に向けてのお得意先との親交を絶えさせないように、亡くなった人の栄誉を称えながらも、次に向けての策の一つとして行う社会儀礼です。

なのでお断りするか、先に亡き人のための本来の葬儀を済ませた後に、ひとつの会として行うと言うことが多いようです。
けれども、会社と遺族が共に本来の葬儀を行う場合には、手伝う側も非常に細やかな配慮や気遣いをしなければ、遺族にとって必ずしも満足できる葬儀になるとは限りません。

受付においては、丁寧に会社関係の方々にご挨拶をしながら、弔問してくれる人達に対して厳粛で落ち着いた様子で応対しなければならないのは当然のことであります。

ですが式典的であるために、亡くなった人を偲ぶ気持ちの薄い人も多いですから、間が開くと雑談をして笑うなどと言うようなこともあります。

弔問は会社関係の人達だけでなく、個人的な付き合い、親戚関係も来ますから、気分を害させることになりかねません。
遺族そのものが、そのことを聞いたり、直接見たりすることがあった時は、会社葬にするのではなかったと悔しい思いをするかも知れません。

香典にまつわる話

気を遣うことは、供花においても香典においてもたくさんあります。
供花をどのような順番で並べればよいのか、香典を受け取る場合、遺族の友人関係や親戚関係の香典をどのように取り扱うのかという点にもあります。

特に香典に関しては、会社が葬儀の費用を全部持つにしても、個人関係の香料は、遺族に渡すのかと言う点でもめることがあります。

会社の付き合いでいただくものではなく、個人の付き合いですし、今後の付き合いも会社がするものではなく遺族がするものです。

それなのに、葬儀の費用を全て持つから、香典も全て会社が得てしまったということで、トラブルがあったということが私の身近にもありました。

供花の順番にしても会社側と個人側の並べる場所を左右に分けるなどで対処したりするのですが、前からどのように並べるのが失礼がないのか、初めてであれば戸惑うばかりです。

事前に会社葬に実績のある評判の良い葬儀会社に相談して、葬儀会社のベテランスタッフに前例などを聞きながら、会社側と遺族が話をする。

こうすると、なるほどと思うような色んな提案をしてくれますので、トラブルのないスムーズな会社葬になるでしょう。
また社員の在り方についても、いつどのような時にどのようにスタンバイし振る舞うかのプランも具体化してくれますので、
しっかりと葬儀のマナーをアドバイスしておいてもらいえば良いのです。

会社のための葬儀という思いがあるとはいえ、葬儀ですから遺族に後悔を残すようなものにしてはならないのです。
人の生と死ほど人生において厳粛なものはありません。

どのような葬儀の場であっても、それを壊すような雰囲気は望ましくありません。

コメント欄は閉じられています。