キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. 葬式の供物や供花で恥をかかないために
花

葬式の供物や供花で恥をかかないために

供花のマナー

葬式に参列するときに、亡くなった人や遺族への誠意を供花や香典で示すものなのですが、これらにも礼儀があるのです。
供花や供物については、お通夜にしても葬式当日にしても、いつまでに注文をしなければならないか、知っている人は少ないと思います。

それは、葬儀会社が前もって供花についての気配りを遺族側にしているからです。
間に合うように半日前に具体化しておかなければなりませんから、葬儀を執り行う葬儀会社に全てを任せてしまうと言うのが普通です。

自分で準備をするとなると、お通夜のためにばたばたとその午前中に手配したり、翌日の葬儀に向けて前日中に注文をして持って行ってもらわなければなりません。

自分の親しい花屋や果物専門店などで準備してもらう人もいますが、スタンドや樒などについては、葬儀会社にお願いするしかありません。

それに、わざわざ他に頼んでも得なこともありません。
葬儀会社の優良さを知らない人は、高額な価格になると思い込んでいます。

自分で供花や供物をするのは良いのですが、遺族が亡き人の好きな花に整えてもらいたい気持ちを持っていたりすることや亡き人の棺にそれを入れてあげられる地域なのかどうかと言う点でも、葬儀会社経由が無難ですし、決して特別高額ということはありません。

葬儀会社の恙ない配慮のお陰で個人の好きな花束が、自分の名前で送られており、それが棺の上に置かれたならば遺族にとっても自分にとっても、そんな嬉しいことはありません。

例え棺にそれを入れられなくても、遺族が家に持ち帰り仏壇の前に飾って、贈り主に感謝することもできますから、その方が良いでしょう。

細かい所にこだわる姿勢

実績のある葬儀会社は、葬儀をひとつ執り行うたびに自社の葬儀の在り方を省みて、改善をしています。
通夜の日の振る舞いや葬儀の日の食事なども、一般的な価格で、味にもこだわっています。

昔のような一般の倍の価格の冷たい幕の内弁当ということはありません。
自分が葬儀の喪主を務めて初めて解ることなのですが、誠実で優良な葬儀会社に依頼した時には、何から何までしっかりと恙なく執り行ってくれるだけでなく、供花、食事、お通夜の日の過ごす場所の寝具、お茶など、色んな所に気配りがあり、緊張する遺族をほっとさせる配慮をしてくれているのが感じます。

だから、色んな葬儀の品物に関して、決して一般市場の定価以上の特別高額な価格設定はしてありません。
だから、マナー違反で恥をかき、自分の思いが遺族にきちんと届かないような失態にならないように、葬儀会社に依頼するのが良いと思うのです。

葬儀会社に思いを伝えて、自分の思っている金額で、自分の気持ちが伝わるように供物や供花を選んでもらえば良いのです。
気持ちを形に表す時は、まっすぐにその思いが伝わるように、花のアレンジの仕方一つにも気をつけなければなりません。

そんなことを言われると、途方に暮れますから専門家に任せることで、そこに集う全ての人が、後悔のない満足できる葬儀となるのです。

コメントは受け付けていません。