キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. 袱紗の包み方
礼服

袱紗の包み方

弔事の場合、袱紗につつみ先方に持参する

結婚式などの場合、祝儀袋を袱紗に包み、受付の担当の方に渡す時、袱紗のまま受付の方に渡しますが、不祝儀の場合、御香典を袱紗から受付の方の前で取り出し、渡します。
不祝儀袋に入れるお金については、あらかじめ準備していなかったものとして、新札を利用しないというのがマナーです。
新札以外、あまり汚れていないお札を用意して不祝儀袋に入れるようにします。

御香典をお渡しするときには受付で表側を上にして袱紗を開き、表書きの名前が受付の方から読めるようにして差出、受け取ってもらいます。
通夜などで受け付けがない場合、祭壇に持っていくことになりますが、御香典の表書きが手前から読めるように置くのがマナーです。

袱紗の包み方にも注意が必要

弔事の金封については袱紗に包み先方に持参し、受付や祭壇に持っていきますが、祝儀の場合と不祝儀の場合は、包み方にも違いがあるので、社会人として正しい不祝儀袋の包み方を覚えておくことが必要です。
台が付いていない袱紗の場合には、袱紗をひし形になるように角を上に広げて、その中央部分に不祝儀袋を表向きに置きます。
右から袋の方に倒し次に下、上という順番でたたみ、最後に左をおって端を裏側に回して完成です。

台付袱紗は爪を左にしてたたみます。
この左が一番上に来るというのが不祝儀の際の袱紗の決まりで、右が上になると結婚式などの祝儀を包む場合と同じになるので、必ず左が上になるようにしましょう。

袱紗の色ですが、祝儀にも不祝儀にも利用できるのが紫で、そのほか、不祝儀の場合、灰色、緑などの暗めの色が不祝儀用とされます。

1枚しか袱紗を持たないという事なら、紫を持っていると便利です。
利用できる色としては、紺、深緑、灰緑、緑、うぐいす、灰青、グレー、紫などの寒色系です。

袱紗には金封袱紗と呼ばれる金封を入れやすい袋状になっているもの、爪付袱紗と呼ばれるシンプルな四角い布状のもの、台付袱紗と呼ばれる簡易切手盆が付いているものがあります。

このうち、切手盆が付いている台付袱紗と爪付袱紗は、実際に包む金額として3万円以上が好ましいとも言われています。
1万円から3万円程度の金封を入れるという場合、袋状になっている金封袱紗を利用されるといいでしょう。

袱紗、御香典の知識をしっかり持っておくことが重要

袱紗やお香典の知識というのは、社会人にとって祝儀という場面よりもしっかりしていなければならないと思います。
人がお亡くなりになったという悲しみの場面で、失礼になるようなことは社会人として避けたいからです。

喜びのお席では何か失敗しても、おめでたい席なので・・となりますが、悲しみのお席ではこんな悲しみの席なのに・・・とあきれられてしまう事もあります。
社会人として、袱紗、御香典の知識などしっかり持っておきましょう。

コメントは受け付けていません。