キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. 香典の書き方
香典

香典の書き方

社会人となったらお香典の事も理解しておこう

昔何か人に贈り物をするとき、必ず何を贈り物としてきたのか、品物に紙を敷いて台に乗せ、目録をつけるというしきたりがありました。
この目録のしきたりが今に残り、現代も表書きというものが存在しています。

ご祝儀、不祝儀、こうしたお金などを包んでいくとき、袋に入れて表書きをします。
お香典を持っていくときにはどのように表書きをすればいいか、皆さん理解されているでしょうか。

人がお亡くなりになるというのは、非常に突然なことがほとんどで、お香典のしきたりを知らないということでは困ります。
参列する葬儀によって、葬儀の形式であったり宗教の種類であったりにより、香典袋の書き方などが違います。

お香典の袋の表書きを書く際、故人がどんな宗教だったのか、都いう事がわからない場合、お香典というような宗教形態に関係のない言葉を利用すれば問題ありません。

お香典の袋は黒白の水引がかかり、白い奉書紙を利用します。
ご霊前という市販されている袋を利用する場合もありますが、キリスト教やプロテスタント、浄土真宗は利用しません。

ご霊前はこのキリスト教や浄土真宗以外、利用する事ができますが失礼となる宗派もありますので、気を付けなければなりません。

訃報のお知らせをうけたら、通夜、葬儀いずれかにお香典を持っていきます。
不祝儀の表書きについては宗教によって異なるので、その書き方を知っておきましょう。

仏式のお香典袋、表書きの書き方

水引の上、中央に御香典、御仏前、御霊前などを書きます。
水引の下中央部分に差出人の氏名を書きますが、御霊前等の文字よりも小さめの文字で書くようにします。

御香典の袋に蓮の花がかかれている事もありますが、仏式専用なので注意が必要です。
本来、御線香を持っていくものなのですが、そのかわりに御香典を持っていきます。
仏の前に備えるのが御仏前、お香を供えるという意味で御香典といいます。

浄土真宗の場合、御仏前を利用します。
通常四十九日後の法事の表書きを御仏前とするのですが、浄土真宗の場合、往生息成仏という考え方があるので、御霊前という言葉を書くことがないのです。

表書きは毛筆で書くということが基本となっており、ボールペン、サインペン等の略式のものは利用しない方が相手に失礼になりません。
名前はフルネームで、肩書を書く場合には右肩に小さく入れるようにします。

連名で書く場合には一般的に3名くらいを目安に、目上の方から目下の方という順番で右から左に向けて記入します。
4名以上地王場合、代表者が中央、その左に外一同とし、必要なら全員の名前を書くようにします。

仏式のほかのお香典、表書き

仏式のほか、神式、キリスト教がありますが、神式の場合、御玉串料、御榊料など書きます。
キリスト教の場合、カトリックでもプロテスタントでも共通しているのが、献花料です。

プロテスタントの場合は弔慰料、御ミサ料とする事もあります。
また水引はあってもなくてもよく、色に関しても決まりがないので、気にしなくてもいいでしょう。

中袋は住所、氏名、金額を書きますが、金額を書く場合には漢数字を書きます。
一は壱、二は弐、三は参、千は阡、万は萬です。

コメントは受け付けていません。