キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー

社葬の約束事とマナー

社葬を行う意味

社葬を行う場合の意味合いというのは何か。
そして遺族の思いに逆らうものではないのか。

遺族にとって会社との関わりが、大きな個人企業なら相反する状況にはなりにくいのですが、会社に勤めていたという故人の場合遺族は、招待される側になる場合もありますし、会社の今後の得意先へのつながりを維持するための確認としての手段であったりするために、形式を重んじた葬式なのかなど複雑な思いがあったりします。

そのために社葬を行う場合は、会社側のトップと遺族側の喪主となるべき人達と、念入りな話の仲介に立ち恙なく葬儀を行う実績のある葬儀会社に依頼をしなければ、トラブルが起こることもあり得るのです。

会社側から社葬を提案された遺族が社葬の仕組みやマナーをしっかりと踏まえて、両者にとって心おきない式典にするために、長年の経験とノウハウを活かした提案をしっかりとそしてそれぞれの気持ちに配慮しながら、提案してくれる葬儀会社として評価の高い公益社をお願いしたということを友人から聞いたことがありますが、それほどまでに社葬というのは個人葬儀よりも気を遣うものなのです。

葬儀会社の担当者は、まずは遺族を優先し社葬についての希望をしっかりと聴き、その気持ちも理解して共感してから会社に向かい社葬の段取りについて、細かく会社の代表者の判断を伺い社葬の進め方をしっかりと決定していきます。

遺族が会社代表である場合は遺族の決定と会社の決定が同じですから、それでかまいません。
そうでない場合は両者をプランにより止揚していかなければなりません。

費用から始まり、喪主焼香順その他挨拶など、会社関係の取引先が多い中の挨拶としても、故人に関する家族の思いを語り感謝の言葉を述べるというのでは、ずれがあります。

取引先に対するこれからの付き合いについてのお願い等についての話では遺族はたまりません。

社葬によるトラブル

社葬は無事に済んでも、香典や費用についてもめてしまったというような話もよくあります。
恙なく葬儀が終了し、お互いに感謝し会えるように導いてくれる葬儀会社の存在は、非常に大きいものしょう。

会社葬にどんなトラブルが起きやすいかもよく知っている葬儀会社は、最初に確認漏れがありません。
お互いに納得のできる葬儀になることは確かです。

会社側の目的も果たしながら、遺族の思いにも十分に配慮できる葬儀というのは、司会が恙なく葬式の形式を外れること無く終われば良いと言うものではないでしょう。

個人の葬儀、会社葬共に、人の気持ちに重きを置けない葬儀会社はタブーです。
生と死という一番人生の厳粛な舞台を司るというのは、先々までもその関係者の心に残ります。

視野が広く多角的に物事を見て判断し行動できる、キャリアのあるスタッフが揃っている葬儀会社で葬儀をしたいものですね。

社葬は専門のサイトで正確に学ぶことが出来ます。

参考サイト:社葬・お別れの会なら信頼の葬儀社
自分自身のベストな社葬の形を見つけ出すことが出来ればよい葬儀になると言えるでしょう。

公益社HP

コメント欄は閉じられています。