キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. 香典の金額の相場について
お金

香典の金額の相場について

お香典の金額、マナーも知っておきたい

学校を卒業したばかりという社会人1年生ならお香典の事や、弔事のことなど知らないことがあっても仕方ないと思いますが、ある程度の年齢になったらしっかり心得ておきたいものです。

またお香典の額ですが、20代の時と40代を過ぎてからではやはり違いがあります。
こうしたお香典や弔事のマナーについて、しっかりと詳しくなっておくべきです。

恥ずかしい思いをしないように年齢によってお香典の額が違うなどのことを大人のマナーとして理解しておきましょう。

お香典の金額はいくらにすべき?

不祝儀の金額というのは、奇数で始まるキリのいい金額がいいとされています。
例えば、3000円とか5000円、10000円などです。
また4、9という数字は、死と苦しみという言葉を連想させるためよくないといわれています。

偶数も葬儀については良くないといわれていますのですが、これは、偶数が割り切れる数だからよくないとされるのです。
故人はこれからあの世に行くことになりますが、この世の人と縁が切れるという事はありません。

故人との縁が切れるという事で、偶数はよくないとされているのです。
御祝儀という場合には、こうした風潮を気にしなくなっていますが、不祝儀という場合は気を付けるべきだと思います。

御香典は知人、関係者という場合、3000円、5000円くらいが一般的で近しい親戚という場合、3万、5万くらいが一般的です。

お香典の額は相場でいいということもない

御香典には知人ならこのくらい、親戚ならこのくらいというように、大体の額が決まっていますが、この相場というのがイコール正解という事はありません。

親戚に関しては、その地域の独自のルールなどもありますので、世間一般と全く違うと感じても、故人が葬儀を行う地域のルールに従ってお香典の額を考える方がいいでしょう。
そのため、わからないという場合は、葬儀に詳しい隣近所の方などに聞いてみると安心dです。

会社の関係については、例えば上司本人がお亡くなりになったという場合、20代であれば5000円、30代なら5000円から1万年、40代ともなれば1万円持っていくのが通常です。
どういう関係なのか、どのくらいお世話になったのかという事とプラスして、年齢という部分でも金額が変わってきますので、これはしっかり理解しておかないと恥をかくことにもなります。

兄弟、親、親戚のお香典の額は?

これも年齢が関係します。
両親という場合、20代なら3万から10万、30代という場合、5万から10万、40代という場合には10万以上です。

兄弟姉妹という場合、20代なら3万から5万、30代なら5万、40代も5万くらいです。
いとこやそのほか親類という場合、20代なら3000円から1万、30代なら3000円から3万、40代なら3000円から3万くらいです。

こうした一般的な相場がありますが、親類縁者で取り決めを行っている場合があるので、その場合、取り決めに従うようにしましょう。

コメントは受け付けていません。