キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. 友引での葬儀・通夜を避ける理由
夜

友引での葬儀・通夜を避ける理由

葬儀や通夜は日を選ぶ?

葬儀の形というのも現代、非常に変化しており、葬儀を家族葬という形で行うご遺族もいますし、また理由合って直葬などにするご遺族もいます。
昔は地域で行う葬儀の形が決まっていたのですが、最近は特に都市部で葬儀の形は様々で、隣近所とのお付き合いも少ない方が多くなっているなどの理由が挙げられています。

このような形の葬儀をしなければならないという地域独自の決まりなどは少なくなっていますが、昔から、友引の葬儀は行わないという習慣を持っている地域が多いです。
現代では大安や仏滅などの六曜の考え方に基づいた葬儀の在り方を柔軟にとらえることが多くなってきていますが、それでも葬儀は友引に行わないということだけは、かたくなに守られています。

葬儀の日程を考える時に、通夜、葬儀という日程を建てた時、葬儀が友引に当る場合、その日程をずらすというものです。
また葬儀を次の日にずらすということもあり、例えば、身内だけの仮通夜を行い、その翌日に本通夜、これを友引の日に行い、その翌日に葬儀を行うという形もあります。

友引というのはどういう日なのか

六曜というのは古代中国で武将たちが戦いの日を占いなどで決めていた時に利用されていたもので、最初、時刻の吉凶を定めたものでした。
しかしこれが日の吉兆を示すものと変わり、旧暦正月の1日が先勝、2月の1日から友引をあて、6日ごとに先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口と循環します。

元々六曜ということで用いられてきたモノで、仏教徒は全く関係ありません。
友引の意味は、先勝、先負の間に入って勝負無という意味を持っているのですが、それがいつの間にか、友達に影響を与える日としてすり替わったものです。

この日に葬儀を行うと、親しい友人を引き寄せて一緒に明度へ行ってしまうとされているので、友引に葬儀を行わないという風習が出来たのです。
これはあくまでも迷信で、作り上げられたものなのですが、確かに漢字を読むと友を引くと書かれているので、ちょっと気持ちがいいものではありません。

葬儀の日を友引の日に避けるという風習が昔からずっと行われてきたことで、もしも友引の日に葬儀を行い参列してくれた人に何かあってはならないと、今に受け継がれていると考えられます。

火葬場も休みの日が多いけれど最近は営業しているところもある

最近は火葬場でも友引の日を休みとしているところが多かったのですが、最近は友引の日でも火葬場を営業しているところが出てきています。

また友引の日に葬儀を行うにしても、故人の棺に人形を入れることで友達の身代わりとし、それによって友を引く、ということを行わないようにとする葬儀もあります。
この場合、火葬も友引の日に行われるため、火葬場も営業するという所が多くなってきているのだと思います。

コメントは受け付けていません。