キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. 後悔したくないこだわりの家族葬

後悔したくないこだわりの家族葬

葬儀の形式は様々

葬式にプランというのは、私が知っているだけでも非常にたくさんあります。
規模に形式、場所だけでなく、色んなオプションもあるのです。

最近は時代的な特色からか、あるいは葬儀そのものの実質的な価値を考えるからか、家族葬も増えております。
我が家の場合も、故人とゆっくりとしたいという思いと、非常に精神的に楽であるということから家族葬を行いました。

ただ、故人がどうして欲しかったかというのは解りません。

私たちの都合だけでそうしました。
よく故人の意思により密葬をするから香料もお参りも梨にするという旨の訃報連絡が多くなってきましたが、故人の意思というのはどこまでなのかが解りません。

そんなことから、家族が後悔しないという前に、故人そのものが後悔しない葬儀をしたいということで、生存中に自分の葬儀の準備をしている人がいます。

大抵の人は、パンフレットを見て三十万円コースなどという、いろんなコースの中からどんなことが標準で付いているのかを確かめ、先に前納するという行動をするようです。

真剣に対応してもらえる葬儀会社へ

けれど、葬儀の順番を想像しながら考えていくと、祭壇や司会、ご遺体の洗い、返礼品などだけでなく、準備すべき細かなところが随分とあり別払いです。

自分の葬儀を真剣に考えている客に対して、まだ先のことだからと契約だけをさせて、客の望む細やかなことについて真剣に応じない葬儀会社もたくさんあります。

真剣に自分の葬儀を考える人に予算や希望をきちんと聞き、プランの内容とその他との組み合わせなども行い、葬儀の場面について、具体的にチェックしてみるなど、イメージ化する努力をしてくれる葬儀会社にプランニングをお願いしたいものです。

亡くなる方が、司会の仕方が葬儀に参列した時に気に入って、自分の時も個々でして欲しいと言うような縁もあるようです。
お通夜の弁当の数まで決定して、美味しい弁当を出すところに決めたという人もいます。

僧侶のお経を省き、ゆっくりと趣味だった歌を流して欲しいなどもあります。
何とも斬新で多様な希望がありますから、故人の意思による後悔しない葬儀は、あらゆる葬儀の形に実勢のある葬儀会社なら、配慮すべきことが隅々まで細やかにされていますから、安心して任せることができるのです。

個々の考え方が色々であり、家族の形も色々ですから、葬式にも様々な形があっても当たり前だと動じず、本人や家族の思いを形にすることに努めてくれる葬儀会社を選ぶことができれば、どこよりも温かな葬儀ができると確信が持てます。

本人にとって、本当の安らぎと言うのは、良い葬儀会社を見つけて、細かい所までプランニングができ、故人となった時のことに思いを馳せても心配事が全くないことです。

縁起でもないと葬儀の契約を自分の子どもが準備することを激怒する人もいますが、死がそこに来ていなくても、一生で一番荘厳な自分の儀式を自分で考える人が増えているのは、反対に生きるエネルギーの支えともなり、縁起の良いものだと言う人もいます。

コメントは受け付けていません。