キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー

事前に相談する自分のための葬儀

自分の葬儀プラン

葬儀というのは、実際に関わるような不幸が身内にない限り、普段からプランしておくと言うことはありません。
だから、時々自分の死を知り、生前に自分の葬儀のための葬儀会社を決めておき、お通夜のお礼の品から弁当まで、自分の思いを底に表すというのを聞いて驚くことがあります。

老齢になっても、葬儀代ぐらいは貯金を残しておくとは思いますが、具体的な相談を生前からしておくと言うことは、縁起でもないと思う人の方が多いものです。

葬儀というのは、弔問する立場においては何も見えないですし、喪主になった時も自分たちが判断することも少なく、葬儀の流れも葬儀会社がお膳立てをしているというものが多いです。

喪主はそのサポートに助かりはしますが、実際、亡き人はどんな葬儀を望んだのだろうと考えてみると、このように自分たちの意思に関係なく、恙なく流れるセレモニーで良いのだろうかと疑問を持つ人も増えて来ています。

時間を細切れに区切り、ここで喪服に着替えて、この場所に立ち挨拶をするなど、次から次へと消化していく葬儀は、自分が亡くなる人の立場で考えると、ちょっと待って欲しいということがたくさんあります。

それで、葬儀のプランの種類や葬儀の仕方の特色と金額などをしっかりと調べたり、問い合わせておきましょう。
この葬儀会社でこういう葬儀をしてもらおうと細かい所まで自分で決めておくと、何かしら安心できるという人が増えて来ているようです。

前持った準備、必要性の実感

縁起でもないという考え方は薄れてきています。
だから、訃報連絡によく故人の希望で家族葬にするのでという文言がよく見受けられるようになりました。

もちろん故人によっては、自分の死を広く知ってもらいたい人もいますので、生存中に、葬儀会社に希望内容を具体的に告げて、プランを組んでおくという人もいます。

その場合、遺族は、葬儀会社の誘導による葬儀とは言っても故人の作ったプランであると思うと受け身とは感じません。
故人には、色んな考え方の人がいますので、音楽葬にして欲しいとか、喪服を着ない葬儀であるとか、その希望は多様です。

葬儀は一大儀式であると考えがちですが、儀式が大きかれ小さかれ、共通して言えるのは自然でさりげない葬儀を望む人が増えたと言うことです。

自分が故人になるときに、悲しむ儀式ではなく心から懐かしみ、愛情のぬくもりを感じるものがほっとして別れに悔いが無くなります。

いつまでも故人との思い出を大切にし、ゆっくりと語らうというのが感じられる葬儀が理想であると思います。
しかし、根底に流れる思いは同じとはいえ、葬儀そのものの望む形がこんなにも多様であるのに、どんな希望にも満足なプランを提案できる葬儀会社というのは、そうはないでしょうから、あちらこちらと話を聞きに行くのも良いと思います。

葬儀会社は、地域的なこともありますから、選べる葬儀会社に限りがありますが、調べて見ると随分とありますから、自分がしたいと思う葬儀の形について、実績のある葬儀会社を探しましょう。

コメント欄は閉じられています。