キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー

自分らしい葬儀

最後の個性

最近は自分らしい葬儀をしたいということで、生前に葬儀会社と契約をしているという人が増えてきているのを、聞いて自分自身も焦りました。

特別凝った式をして、自分らしさを表してもらいたいと言う人もいるようで、宗旨やその他の一般常識を破った葬儀というものに、今後幾たび出会うのではないでしょうか。

音楽葬というのに私は出会ったことがあります。
葬儀の考え方も斬新になり、その人らしさを表し、遺族も心から故人との懐かしい気持ちにゆっくりと浸るというのが人気のようです。

親しい友人も一緒に心ゆくまで会葬するというものが理想であるという人がたくさんいて、全てにおいて破格な葬式も良いのですが、まずはベースとする葬儀の形というものを参考にすることから、自分らしい葬式に発展させるという人もまた多いようです。

葬儀の種類

葬儀の種類を調べて見ますと、色々とあることがわかります。
基本として、葬儀は故人との別れを偲び、送る宗教上の儀式。

告別式は、関係者がお別れのためにする社会的式典と言われています。
宗教や式典というと、本当に形式だと思うのですが、それをベースにして祭壇やBGM、ビデオや故人の思い出の品の展示などで、個性的な葬儀をアピールするというのも、だんだん珍しくなくなってきていると思います。

社葬や個人葬、家族葬や密葬、キリスト教葬儀、神式葬儀、仏式葬儀などと言う中には、いろんな社会的なもくろみもあれば、故人に対する思いから、遺族がこうありたいという思いを形にしたものなどもあります。

どこに重きを置くかで決まるのですが、形式的なものを拒む遺族が増えてきたことや、形式を重んじ、公にした葬儀により参列者に気を遣い、疲れる式を嫌うという傾向にある今日。
社葬をする場合は、事前に遺族や親しい人達だけの密葬をしたりすることが多いようです。

一般的な社会的な付き合いを含む参列者のある葬儀を好まない遺族は、家族葬をして、前もって弔問や供花、香典などを断り、参拝する人がない状態で行ったりします。
香典についてはこちらを参照ください。

この家族葬は増えており、訃報連絡にもその旨が伝えられることがよくあります。
さらに埋葬だけをして葬儀をしないで、家でゆっくりと故人を偲ぶという方法を選ぶ遺族も出てきています。僧侶などを呼ばずにする無宗教葬というのも同じく増えており、どちらもお別れの会というか、故人を偲ぶことが中心となっていると思います。

型にはまらない葬儀の形式

もっと形式破りをすると、生演奏による音楽葬や全く形式にこだわらない自由葬というのも、これから出会うことがあるかも知れません。

最近は葬儀会社に散骨葬をお世話してもらう人もいるそうです。
本人が生きている間の葬儀として生前葬をしたいと希望する人もおり、葬儀は多様化をしてきています。そんな珍しい葬儀に出会い、驚いたり批判したりする人もいるでしょうが、大切なのは故人らしい葬儀です。

故人が生前自分らしい葬儀を願い、遺族に託すというのは、これからの時代、大切な事だと思います。
既に葬儀会社と自分らしい葬儀の在り方の希望を打ち合わせして、契約もしているという人もいるそうです。
自分に取って葬儀とは何かを考えさせられる時代に来ているようです。

コメント欄は閉じられています。