キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. 葬儀一式費用で迷い考える
お札

葬儀一式費用で迷い考える

葬儀プラン

事葬儀をプランする時に基礎となるのは葬儀会社のパンフレットというのが一般的です。
葬儀社のパンフレットには、色んなパックもののプランが用意されています。

私が葬儀会社からいただいたものは、ランクによるプランでした。
しかし、よく見ると高額なプランだからと言って、別に必要な内容もありますし、不必要だから削除して欲しいものというのもあります。

一番ランクの低いプランが基本的なプランで、棺や祭壇など、最低限必須のものを取りそろえたパック物ですが、それにあのサービス、このサービスと増えるに従い、ランクアップされたパックものプランとなるのです。

葬儀会社のより、プランの提案の仕方は色々と違い、特徴があるとは思うのですが、できれば、葬儀後の喪主や遺族に感想を聞き、それを元に善処することに努めている葬儀会社のプランは、最初から遺族の気持ちを頃得ているプランになっていますから、儀式としても心情的にも充実したサービスを附属したものがあると思います。

とはいえ、葬儀会社の場合は、全国どこでもと言うわけにはいきません。
自分の住んでいる場所からの可能な範囲というものがあります。

既製プランがどうのこうのと言うよりも、メニューが細やかであれば、基本的なプランに必要メニューを添えて、いくらになるかを明確にしてもらうと良いと思いますので、明瞭な価格制を敷いている葬儀会社をまずは選ぶのが適切です。

葬儀の費用

お通夜の飲食の接待に、お寺へのお布施、返礼品に香典返しと、葬儀会社のアドバイスが無くとも、別の費用として必要なものがあります。

一般的には、それらの費用は、弔問客の香典で全てがまかなえると言われていますが、その後の付き合いに返していかなければならないことを思うと、まかなえるというのは実質的には無いと思うのが良いでしょう。

それらのことを煩わしいと思う人達も増えており、そこから、家族葬や密葬、あるいは直葬という遺族の希望や事情によるものが好まれるようになっている傾向が最近は増えています。

その場合、基礎的なプランをどう組み立てるかを葬儀会社としっかりと相談することが必要です。

葬儀をいかに催すかという点で、葬儀一式を選択する時点で大いに迷いますが、費用が明確に示されていることや葬儀の流れを具体的に説明しながら、葬儀会社のプランナーが説明をしてくれることで、家族葬であっても、一般葬なみの葬儀をあげることができることも理解できます。

また、葬儀の参列者が身内や親しい人達に限られますから、無礼講で接待を全てなしにすることも可能だということも解ります。

実家では、父の葬儀は一般葬、母の葬儀は家族葬で行いました。
葬儀の内容は同じでしたが、父の場合は、香典返しや料理などに費やす金額が葬儀代並みにかかりましたので、母の葬儀の倍になりました。

金額面で母を家族葬にしたのではありませんが、父の葬儀をふまえ、母の葬儀に対する希望が色々とあったために、葬儀会社が提案してくれた方法です。

親しみを持って、葬儀についての悩みを語れ、費用の相談もためらわずにできる葬儀会社に会員積み立てしていたことを本当に良かったと思えました。

それは、早くから葬儀会社を選び抜いていたお陰です。

コメントは受け付けていません。