キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
鳥

鳥葬

チベットで行われている歴史ある鳥葬

宗教によって葬儀の方法が大きく変わっていきますが、チベット仏教やインドで行われている葬儀の中で鳥葬というものがあります。
鳥葬は国や地域で法律で禁じている地域もありますが、日本でも鳥葬の習慣が存在していません。

また鳥葬を日本で実施した際には、刑法により罰せられてしまうこともありますので、決して行ってはいけません。
チベットで行われている鳥葬というのは、古代から現在まで続いていますが、死者の肉を削いだ後で鳥へと与えていくことになります。
かつても死者の肉を動物へと与えていく風習があったのですが、徐々に鳥葬へ形を変えていったのではないかともいわれています。

鳥葬の考え方と流れ

チベットで行われている葬儀というのは塔葬や火葬、鳥葬などがありますが、一般の人の中でもチベットの高地に生活している人が鳥葬を利用しています。
豊かな自然と鳥が多く集まっているのが理由となっていますが、葬儀に相当していく儀式ともいわれています。
魂が解放されていく儀式となりますが、肉体というのはチベット人は肉の抜け殻として表現しています。

そんな鳥葬の流れをチェックしていくと、まず死体を郊外の荒地にあらかじめ設置されている鳥葬の台座へと運んでいきます。
その後体を裁断していきながら、断片化した状態にしていきます。

ここから多くのハゲワシなどの鳥がいますので、それらに肉を食べさせていくことになります。
死体が断片化されたことで血の臭いが周辺に漂っていきますので、鳥類が集まりやすくなっています。
そして食べやすい状態にしておくことで、骨などを食べ残さないように配慮しています。

宗教のうえでは魂が抜け出ている遺体について天へと向かわせていくことにしていますが、死体の処理については執り行っていく専門の職人がいます。
彼らは骨を石などで粉砕していきながら鳥に食べさせていきます。
行った後はほとんど残らない状態となっていきます。

しかし地域が変わると解体したり、断片化することはほとんど行わないこともありますので、鳥が骨を残していく場合もあります。
こうなると骨は安置所が設けられており、そこへ放置されていきます。
職人が十分にいない地域では、大きな川を利用して埋葬する方法もありますが、一般的には鳥葬を行っていきます。

アジア圏を中心に鳥葬が行われている

鳥葬というのチベット仏教が伝わっている地域によって広く行われています。
中国のチベットの文化が入っている範囲だけでなく、ブータンやネパールの北部そしてインドの中でもチベットの文化圏やモンゴル一部で行われています。
土葬や火葬のコストを考慮していくと、鳥葬を選択するというケースもありますので、見かけるかもしれません。

コメントは受け付けていません。