キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
雪

冷凍葬

新しい視点で注目されている冷凍葬

埋葬したり火葬したりと葬儀では主流になっている方法を逸脱して、全く異なる視点で採用されている葬儀もあります。
それが冷凍葬で、現在注目されている葬儀の一種とされています。

冷凍層はスウェーデンで展開している企業によって開発された技術となっていますが、これは遺体を一切火葬しないでおきます。
超低温の状態で冷却していき、完成したところで粉末状にして、地下へと埋葬していきます。

こうして土へと還していきますが、冷凍葬というのは遺体を冷凍保存していくわけではありません。
ある程度の期間で粉砕していきますので、決して保管目的の葬儀を行いません。

冷凍葬はこうして行われていく

新たな技術として注目されている冷凍葬ですが、流れとして最初に遺体を死後1週間以内に冷凍室へと運んでいきます。
室内はマイナス18度まで下がった状態となっていますが、そこで遺体を凍らせていきます。

この遺体は木などでできている棺でなく、とうもろこしなどから取れるでんぷん質を原料として作られている棺になっています。
棺へとおさめていき、マイナス196度となっている液体窒素の液体へ遺体を1時間ほど浸していきます。

こうなると人間の細胞というのは急速冷凍されていきますが、細胞がもろくなって崩れやすくなっていきます。
そして棺ごと機械によって振動させていきますが、粉末状に変わっていきます。

まるでインスタントコーヒーなどと同じような流れになっていますが、歯などについている金属類は取り除かなければなりません。
また乾燥機を利用して水分が完全に飛んでいけば埋葬する準備が完了していきます。

完成した粉末というのは、一般的な体型の人で25キロから30キロほどとなります。
でんぷん質によって作られている別の棺もしくはツボへと入れていき、地中およそ50センチほどの深さに掘っている穴へと粉末を埋めていきます。

粉末化された遺体は半年ほどででんぷん質の棺と一緒に堆肥化されていきます。
この方法がスウェーデンでは実用的に行われています。

日本では冷凍葬は可能か

日本で冷凍葬は行うことができるかというと、不可能ではありません。
しかしながら冷凍葬を行える施設がありませんので、作らなければなりません。
一般的な火葬とは一切違う手法となっていきますので、遺体の粉末化であったり宗教上の儀式で問題ないかチェックをしておく必要もあります。

遺体を冷凍保存していけるかどうか、そして納骨や墓地についても革命的に変わることでしょう。
問題点をクリアしていくことができれば、冷凍葬は注目されていくことになります。
近い未来火葬に変わってスタンダードになる可能性を秘めています。

コメントは受け付けていません。