キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. 家族葬・密葬
夫婦

家族葬・密葬

身近な者だけの葬儀

葬式・告別式というと大々的に多くの人に来てもらって行なう、というのが一般的なスタイルです。
ただ、場合によっては公に行わず、家族などの極めて親しい人達だけで行う場合があります。

それが「家族葬」と「密葬」と呼ばれる葬儀スタイルとなります。

この2つは時折同じものとして扱われる事がありますが、厳密に言うと違うものですから、それぞれの定義について見ていきます。

その定義として重要になるのは、その葬儀が単独で行われるものなのか否か、ということにあります。
家族葬というのは、その葬儀だけで葬儀としてのすべての過程が終了することになる、独立かつ完結した葬儀の手法ということになります。

対して密葬というのは、社葬や合同葬などの、団体によって行われる本格的な葬儀が控えており、その準備期間の間に行われる前葬儀のことを指しています。

内容自体についてはそれほど大きな違いがあるわけではなく、あくまでも親しい者だけで行なうことには違いはありません。

ただ、家族葬を行なう場合については、故人死亡の知らせは出しつつも、弔問や供花などは断る、というプロセスを踏む必要がありますので、他の方々に失礼のないように連絡をする必要があります。

家族葬の必要性とメリット

では、なぜ大々的に人を呼ばずに家族や親族だけで葬儀を行なうのか、ということについても考えていきましょう。
これは、人の死というものについて改めて考えていかなければなりません。

人の死というのは、故人が人生を全うし、納得の行く中で亡くなった場合、ばかりではないということです。

中には自ら命を断った人の葬儀を行わなければならないこともあるでしょう。
あるいは、事故などによって体が欠損してしまうなど、他人にあまり見てほしくない、というような場合だってやはりあります。

こういった事情を鑑みて、他の人を呼ぶのが適切ではないという判断を下した場合には家族葬という形で親しい人だけでの葬儀を執り行う必要性が発生してくるということです。

また、そうでなくとも家族葬が行われる場合があります。
それは家族葬のメリットを考えて、家族が自ら選択するという場合です。
では、家族葬にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

最も重要なのは、参加する多くの人に気を遣うことはなく、自分たちだけで故人を見送ることが出来る、ということです。

大々的な葬儀を行なうと、喪主や施主など、自分たちもまだ死と向き合えていない中で様々な仕事をしなければならない場合があるでしょう。

そういった中では、満足に故人を送ることが出来ない可能性だって十分にあります。

そういったことを考えた上で、あえて自分たちで家族葬を選択する、というのも十分認められてしかるべき選択だといえるでしょう。

コメントは受け付けていません。