キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. お別れの会・無宗教葬・ホテル葬
仏さま

お別れの会・無宗教葬・ホテル葬

宗教色のない葬儀

一般的に葬儀というのは、宗教色の強い儀式です。
仏式、キリスト式、神式いずれの場合でも、それなりの宗教的な儀礼が求められますし、対応する宗教者を読んで執り行われることになります。

日本人の気質は基本的には多宗教型で、仏教に対しての嫌悪感を持っている人が少ないために最もポピュラーな仏式葬儀を行う場合が9割以上に登りますが、中にはほんとうの意味での無宗教者というのも存在しています。

無宗教者というのは、宗教を否定する考えを持っている人です。
故人が無宗教者であった場合、その葬儀として宗教色のあるものを採用するのは故人の意思に反してしまう可能性があるでしょう。

そういった場合には、僧侶や神父、神職者などの宗教者を呼ばずに行なう「無宗教葬」というものが選択肢になります。

無宗教葬の呼び方にもいろいろなものがあり、お別れの会、偲ぶ会などといったような呼ばれ方をすることが多いようです。
さらに、ホテルホールなどで行なうことが多いことから、その会場名を取ってホテル葬という名称で呼ばれることも少なくありません。

このようなスタイルを取る葬儀というのは、かつては一般的ではないことから奇異に思われる事が多かったものの、最近の自由な宗教観の広がりに合わせてそれほど珍しいものではなくなってきました。

では、具体的にはどのような形で行われることになるのでしょうか?

宗教色はないとはいえ、やはり祭壇の設置は行われるのが一般的です。
会場の奥に祭壇を設置し、そこに献花台などを設けることで行われるのが普通です。

キリスト教式と同じ献花方式ではありますが、故人に花を手向けるのは宗教的な意味合いだけではなく一般的なことであるために、この形を取る場合が多いようですね。

さらに、故人の好きだった音楽を流したり、映像を流すといったような近時代的な内容になることも多いようです。

参加者はどうするか

では、実際に無宗教葬に招待された参列者はどのように参加するべきなのでしょうか。
服装についてですが、これは場合によって違っています。

無宗教葬の場合、喪に服すという考え方を嫌う場合もあるために、喪服などを着て行かずに平服での参加を呼びかける場合が多いようです。

しんみりとした場とするよりも、パーティ形式で行われるというのが無宗教葬の一般的なスタイルとなっているため、笑顔で故人を送ることができるような工夫をしていくことが多くなっているでしょう。

無宗教葬はあまり大々的に人を呼ぶということはせず、故人のそういった意向に理解のある近親者だけで行なうというのが一般的なスタイルです。

ただ、今後こういったスタイルの葬儀がより広まってくると、普通の葬儀の、一種として行われることになる可能性もあるでしょう。

コメントは受け付けていません。