キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
沖縄

洗骨葬

洗骨葬とは一体何か

様々な葬儀が世界各国で行われていますが、土葬の風習がある地域で一般的なのが洗骨葬です。
この洗骨葬というのは一度土葬をしている遺体を、ある程度の期間が過ぎた後で掘り起こして取り出していきます。

そして綺麗に骨を洗った状態で再度埋葬する儀式となっています。
日本でも洗骨葬は行われており、沖縄の一部で見かけることができます。
世界各国でも洗骨葬の風習は多くなっており、主に中国や北米、アフリカや東南アジアなどで行われています。

なぜ洗骨をするのか

土葬をした後で洗骨を行っていく理由というの様々な説が存在していますが、主な説としては死者を単に一回埋葬しただけだと死霊の状態のままになっているということです。
これだと子孫に悪弊を招いてしまう危険な存在となってしまうということで、洗骨葬を行うことで浄化させていこうというのです。
洗骨葬は本葬の後、第二の葬儀という形で実施することで、子孫に対して幸福や豊穣をもたらしていくように霊が昇華されていくのではないかと考えられています。

日本での洗骨葬の歴史

沖縄ではかつて島全域で洗骨葬が行われていたと言われています。
しかし現在は一部の離島だけで実施されています。
沖縄における洗骨の意味合いをみていくと、色々な説がありますが洗骨していない間は死者は穢れている状態であり、神仏の前では出ることができないという信仰が伝わっていました。

そんな中で沖縄の与論島においては最初、共同墓地にて風葬を行っていくのが習慣となっていました。
しかし明治以降は鹿児島県で風葬が禁じられていきます。

風葬してしまうと死体遺棄罪に値してしまうためで、一度土葬を行った後で洗骨を一定期間開けた後で行うようになります。
一般的には7年前後で洗骨葬が行われています。

主な洗骨葬の流れ

洗骨の日になると故人の関係者が一旦集まって、土葬状態の棺を取り出していきます。
男性が中心となって作業を行いますが、この後で棺の蓋を女性が開けます。
これらの作業を終えた後でより近い肉親によって頭を取り出していきます。

もしも骨についている皮があれば剥がしていき、丁寧に洗っていきます。
水や焼酎などを使って洗っていきますが、基本的に3年以上経過していると遺体は白骨化しているのが通例といいます。

墓を開ける前には香を焚いておいますが、洗骨をしている間は骨が日差しに当たらないように傘をさしておいたり、幕を貼っておきます。
そして洗骨が終わって骨は甕へと収められていきます。

供物を一緒に添えていき、洗骨葬が終了となります。
置き場所は序列もありますが、ルールに従って収めていくことになります。
衛生面から次第に火葬へと切り替わっていますが、離島の一部で洗骨葬を見かけるかもしれません。

コメントは受け付けていません。