キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー

自然葬・散骨・樹木葬

地に還る

死を形容する言葉にはいろいろなものがあります。
その中に「地に還る」「自然に戻る」といった表現があるのをみなさんも聞いたことが有るでしょう。
日本の宗教観として特にこれらの意識が強いということが一つあげられます。

日本は仏教を政治的な宗教基盤として発展してきた反面で、神道の感覚の方が強い宗教観を持っている国です。
神道というのは八百万に神が宿るとしている、一種の「自然信仰」「精霊信仰」の形です。

そのため、自分が死んだ後には、自然へと戻っていく、ということを意識として持っている人も少なくないわけです。

そのような意識を理解し、行われる葬儀の種類となるのが「自然葬」です。
自然葬というのは、その人の遺骨を海や川、山などの自然へと散骨することによって、物質的にも精神的にも自然の一部へと戻ることを表現するといった葬儀となります。

最近ではさらに発展形として、宇宙に散骨をする宇宙葬というものも増えているようで、その意識の広がりが見えるでしょう。

ただ、これらの散骨行為というのは勝手に行って良いものではありません。
業者などを通して許可を取った上で行わなければならないために、ただ散骨をすればそれで良いということではないことは理解しておく必要があるでしょう。

また、最終的には自然葬に伏すとしても、まずは一般的な葬儀を行ってから、という形式を取る事が多く、複合的な葬儀の形の一つだと意識しておくのが今のところは賢明です。

自然葬の発展形としては樹木葬というものもあり、これは樹木のある森に埋葬したり、埋葬した場所に樹木を植えるという形で行われます。

行なうことが出来る墓地などは限られている上に、勝手に行なうと死体遺棄になるために注意しなければなりません。

また、日本は法律において基本的に「火葬」が義務付けられていますので、肉体を持ったまま土葬として樹木葬に伏す事は出来ないことがほとんどです。

散骨のルール

自分で散骨を行う場合には、法的に問題のない形で行なう必要があります。
では、法律上にさだめられている散骨のルールにはどのようなものがあるでしょうか?
まず、散骨する骨の大きさに関するルールというのがあります。

散骨は骨が骨だと分かる形のままで行なう事は出来ません。
原則として2ミリ以下に粉砕したうえで行わなければならないことになっているため、注意をする必要があるでしょう。
この粉砕の過程が個人で行なうのが難しいために、業者に依頼して散骨を代行してもらうのが普通となっています。

もちろん、散骨を行なう場所の持ち主に許可を取らなければなりません。
山などであっても必ず所有者が存在していますので、事前に連絡して許可を取る必要があるでしょう。
この連絡も業者に依頼した方がスムーズです。

コメント欄は閉じられています。