キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. 葬儀・告別式
数珠

葬儀・告別式

基本的な知識

葬儀の種類として、まず最初に見ていくのは最も基本的である「葬儀」と「告別式」についてです。
この2つは同じものとして扱われることが多くなっていますが、元々は別のものであることは知っておいた方がよいでしょう。

なぜ現在では同じものとして扱われる用になったかというと、一つにの流れとして両方を行ってしまうようなシステムとなっているためです。

では、まずは葬儀と告別式の簡単な内容について紹介していきましょう。
葬儀というのは、故人の魂を彼岸に送るために行われる、宗教的な儀式という位置づけのものです。

対して告別式というのは、友人や親族などが故人とのお別れを行なうということが目的となっており、本質的に宗教と関係のあるものではありません。

そのため、葬儀については故人や家族の宗教によって方法が左右されることが多いですが、告別式については宗派を問わず同じ形で行われることが中心となるでしょう。

基本的には葬儀があって、その上で告別式が行われることになるため、前者の方が重要性が高い儀式ではありますが、現在では告別式の方の出席者が多いという逆転的な状態になっていることも少なくありません。

最近の傾向として、故人の生前の趣味や希望などを鑑みて、告別式の演出の工夫が行われるなど、近代的な儀式としての発展を遂げてきていると言えます。

具体的内容

では、葬儀と告別式の具体的な内容、その違いについても紹介していきます。
葬儀は前述の通り、故人の冥福を祈り、彼岸へと無事に行ってもらう、ということが目的となっている宗教的儀式です。
そのため、仏教の場合や神道の場合、キリスト教の場合などではその方式に違いがあります。

ただ、日本人の宗教観というのは世界に比べて緩い場合が多く、故人ないしは家族が敬虔な信者である場合を除けば、形式的に最もポピュラーである仏式葬儀が行われることが多い傾向にあります。

とはいえ仏式といっても宗派によって葬儀の手法に違いがある場合があるため、どのような宗派の葬儀形式を執り行うのか、ということは慎重に検討する必要があるでしょう。

こういった理由から、葬儀は故人と極親しい人や家族などに限定して行われる場合が多く、参加者は全体としてそれほど多くはないのが特徴です。

対して告別式というのは、宗教的な内容とは基本的には関係のない、社会的な葬送の儀です。

元々は火葬の段階でもって告別が行われていましたが、最近では簡略化によって親族関係者以外が火葬場まで随行することが少なくなり、その代わりに告別式会場において焼香が行われるなど、宗教的な部分が少々含まれるようになってきました。

葬儀には赴かず、通夜に参列するということが多くなっているために、この2つの儀式は一つのものとして認識されつつあります。

コメントは受け付けていません。