キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー

直葬

葬儀は必須ではない

葬儀や告別式というのは一般的にだれでも行っていることのように思われがちですが、その実必ず行わなければならないとするルールが存在しているわけではありません。

故人、およびその遺族の選択によっては、一般的な葬儀を行わないという選択を取ることも出来ます。
そういった葬儀を一切行わないことを称して「直葬」といいます。

直葬の流れとしては、まず亡くなってしまった場合、搬送、納棺、安置が行われます。
病気などで亡くなってしまう場合よりも、危険を伴う仕事などで亡くなってしまうような場合に利用されることが多いようです。

死亡診断書は書いてもらって提出する必要はありますが、その後に公に葬儀を行なうことはなく、そのまま火葬を行なうことになります。

直葬とはいっても火葬を行なう必要があるために、葬儀社を利用する必要性があることには違いはありません。
ただ、最低限の内容となっているためその費用は通夜や告別式などを行う場合に比べて安いものとなります。
火葬についても誰かを呼ぶことはせず、親族だけで行なうのが基本です。

その際、読経だけは行ってもらう、ということが多いようです。
その場合には僧侶に依頼して火葬場で読経を行ってもらうことになります。

直葬を行なう場合

最近ではこの直葬形式を取ることが少なくなくなってきています。
その背景にはどのような理由があるのでしょうか?
一つとして、多くの人に対して「葬儀」の意味が薄れてきている、ということが挙げられると思います。

葬儀というのは基本的に極めて宗教的なものです。
日本は多宗教でありながら宗教に対する帰依というものが薄い国民性であるために、大きなお金を使って宗教的儀礼を行なう必要性がないのではないか、と考える人も少なくなくなっていると言えるでしょう。

もう一つ、この直葬が増えている理由として、高齢者の長寿化を挙げることが出来ます。
極めて長生きをした人が亡くなった場合、故人の知人が大方すでに亡くなってしまっている場合というのも少なからずあります。

元々会社などで多くの人に世話をしていたような立場の人であればともかく、そうでない人であれば葬儀を開いた所で参列者が見込めない可能性もあるでしょう。

そのような形になるのであれば、最初から葬儀を開かずに火葬のみの直葬を行ってしまった方がよいのではないか、という考え方が広がっているということです。

ただ、今でも中には直葬形式を取るということが故人に対して不義理であると考える人もいないわけではありません。
葬儀というのは故人のために行なうものというよりは、遺された人のために行なうものという側面が強い儀式です。

その点についてもよく考え、遺族の間で相談の上で対応を決めるのが良いでしょう。

コメント欄は閉じられています。