キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. お葬式のしきたりや風習~北海道編~

お葬式のしきたりや風習~北海道編~

北海道のお葬式事情

北海道は、かつては葬儀委員長を立てて行う葬儀が主流でしたが、最近はというと札幌市を中心に、司会者が葬儀委員長を兼任し、故人の略歴などを紹介するケースが増えているようです。
通夜の後の親族の集合写真も前は行っていましたが、最近は省略する人がいるようです。
「互助の精神」に富んだ札幌市近辺では、一般的に香典返しの「半返し」は行わず、1,000~1,500円程度のお茶やのりを用意します。

火葬場へ移動する際、遺族や親族が乗るバスに遺体を安置するスペースがあることが多いので、霊柩車(れいきゅうしゃ)の手配の有無についてはあらかじめ葬儀社に確認したほうが良いです。
札幌市近郊では、通夜当日に親族が宿泊することもあるので、確認の上、その手配も忘れずに行わなければいけません。

最近、札幌市などの大都市では家族葬が以前に増して増えているようです。
かつてはお葬式というと、町内会が葬儀を取り仕切るもので、町内会長が葬儀委員長になり、故人の略歴等を紹介していましたが、現在では町内会が手伝う場面も少なくなり、故人の略歴も葬儀社の司会者が紹介するようになりました。

死亡通知に新聞の訃報広告を利用することもあるのはこの地域ならではです。
地元紙である北海道新聞には、一般の方の訃報広告が並ぶ専用のページが設けられていて、希望によっては訃報の折り込みチラシを入れることもありますから、なかなかの力の入れようでしょう。
地域の中には、町内会の放送で訃報と葬儀日程が放送されることもあります。
知らない人にとっては驚くものです。

地域によるあれこれ

通夜終了後、祭壇の前で遺族、親族が写真を撮影し、後日、親せきに現像した写真を渡す事もあるのは広大な地域のため、親せきが全員集まる事が少ないことから始まった習慣と考えられていいます。
また、北海道ではその広さのためか違いがいろいろあり、道内でも場所によって火葬の順番が違い、根室地方では、通夜のあと火葬を行い遺骨で葬儀をするようです。

通夜も仮通夜、本通夜の2回行うところもあります。
通常とは逆と思われると思われるので違和感があるかもしれませんが、前火葬は関東の一部でも見られる風習です。

また、道南など一部の地域では、お葬式の流れが火葬、通夜、葬儀告別式というのが一般的なです。
通夜の前に荼毘に伏して、通夜、葬儀告別式は遺骨で執り行うのです。
というのも、北海道は面積が広く雪が深い地方なので時期によっては親せきが容易に集まれない場合もありますので、通夜や火葬の順番が各地で違うのでしょう。

北海道の法事では、黒飯のご飯がでます。
慶事には赤飯で、弔事には黒飯と決まっているのです。
赤飯は小豆の茹で汁や色粉で赤くしたもち米を蒸かしますが、黒飯は黒豆を使用してもち米を黒くするという作り方をします。
珍しく思えますが、北海道ではポピュラーな食べ物のようです。

北海道は広いので、地域により葬儀の形態が違い、特に火葬する日程が場所により違うので注意しなければいけないです。
故人のお顔を見るためにお通夜に伺ったものの、すでに遺骨になっていたということもあります。

北海道の葬儀では、香典に領収書が発行されるので、他の地域地は違い、めずらしいものです。
葬儀会場の受付で香典を出すと、その場で封を開けて中身が確認され、「○○円でよろしいですね」と言う確認があり、参列者の名前を記入した領収証を発行してくれ、但し書きも「香典代として」となります。
香典に領収書が発行されるのは驚きですが、千葉県の浦安近辺でも香典領収書があるようです。

コメントは受け付けていません。