キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. お葬式のしきたりや風習~京都府編~

お葬式のしきたりや風習~京都府編~

京都府のお葬式事情について

京都府の葬儀の進行は、通夜、翌日に葬儀・告別式、出棺、火葬の順で進むのが慣例です。
基本的に主に「後火葬」ですが、葬儀の前に火葬を行い、遺骨にて葬儀を行う「前火葬」の地域も一部あります。
かつては、故人に供える「供花」に香りの高い「樒(しきみ)」を使うことが多かったようですが、式場での葬儀が増えた昨今は、「樒(しきみ)」にあまりこだわらなくなりました。

一方で、「家族葬」を希望する方が増えており、その場合は供花に樒を使う、「鍬(くわ)を持った野辺送り」等、昔ながらの風習を守りながら葬儀を行うこともあります。
日本全国では、友引の日に休む火葬場が多いですが、京都府では開いている火葬場もあるので、緊急の折には確認して見ると良いでしょう。
友引の日に火葬する場合、地域によっては大阪府と似た風習で「友人形」や「供人形」という人形を柩(ひつぎ)に入れることがあるのは、身代わりとしてではないかと思われます。

京都の風習のあれこれをさらに詳しく見てみよう

祭壇の両脇に供花が飾られているのは、どんな地域でも良く目にする光景です。
通常は、菊などの花を飾りますが、京都府の南部地域では、樒(しきみ)を飾ります。
一般的には樒は枕花として飾られますが、京都では大きな樒が整然と並ぶという光景になるのです。

樒は、日本に自生している常緑樹で、強い香りが特徴です。
常緑樹のため枯れませんから、仏の永遠性をあらわしていると言われます。
また、樒の実には猛毒があるので、土葬が行われていた時代には、動物が荒らさないよう、墓地にも植えられたようです。
樒を葬儀に使うことで、故人に邪気が近寄ってこないようにという魔除けの意味が込められていたのかもしれません。

故人の茶碗を割る風習は、全国的に見られる風習ですが、京都では、出棺の際に茶碗を割る風習がよく見られます。
出棺時に玄関で割ることで、「あなたが日常的に使用していた茶碗はもう家には無いので、迷わず成仏してくださいね。」という故人に対するメッセージが込められているのかもしれません。
このほかにも、京都市周辺では、出棺の際に和紙やわらを燃やすという風習もあります。

夫が妻に先立たれた場合、火葬場に行きますが、妻が夫に先立たれた場合には、火葬場に行かないというめずらしい風習がかつてありました。
火葬場に行った場合、再婚の意思がありととらえられていたのです。

また、親より先に子供が死亡した場合、逆縁の不幸といい、親は火葬場に行かないという風習もありますが、これは子供を亡くした悲しみをこれ以上深くしないようにという親をいたわる意味だったようです。
とは言いましても、どちらの風習も現在ではほとんど行われていません。

出棺時に利用する霊柩車は、霊柩車の進行方向を可能な限り南または西方向へ出発し途中にある鳥居をくぐらないようにするという風習がありました。
また、火葬場で収骨をする際、竹と木という違う材質の箸を使って遺骨を拾う習慣があります。

京都府の葬儀の形態は、通夜の翌日、葬儀・告別式があり、その後火葬をする「後火葬」ですが、一部「前火葬」の場合もあるようなので、事前に確認する事をおすすめします。
香典袋に黒白の水引を使う地域が多いですが、京都府や滋賀県では黄色と白の水引を使うこともあるので、あらかじめ地域の葬儀社やお寺に確認しておくと安心です。

香典袋の水引は、京都府の多くの地域では、黄色と白を使用します。
京都は古くから皇室のお膝元ですから、天皇家では、白黒の水引を使用するので、まぎらわしくならないよう庶民は黄白の水引を使用するようになったようです。

コメントは受け付けていません。