キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. お葬式のしきたりや風習~大阪府編~

お葬式のしきたりや風習~大阪府編~

大阪府のお葬式事情を見てみよう

大阪府は、公営の火葬場、葬儀式場が充実していて、各市に市営の斎場があり、また、社葬のような大きな葬儀でも専用の式場があるので、便利です。
全国的には友引の日に休む火葬場が多いですが、いつ起こるかわからない事態に備えて大阪府では正月以外はほとんどの火葬場が開いているのも、助かるとことでしょう。
骨壷の大きさは関東といい気な違いがあり、関西エリアの骨壷は、関東エリアに比べると小さくなっています。

また、関東では、火葬後すべての遺骨を骨壷に納めることになっていますが、関西ではすべての遺骨を納めないというところに大きな違いがあります。
大阪府では一寸ほどの小さな骨つぼを「本骨(ほんこつ)」、それより少し大きい骨つぼを「胴骨(どうこつ)」として、一方を菩提寺(ぼだいじ)などに納めることになっているのです。
関東の人は関西の骨壺を見てあまりの小ささに驚きますが、逆に関西の人は関東の骨壺を見てあまりの大きさに驚きます。

大阪府のお葬式の特色のあれこれ

大阪府では、「いちま人形」という人形を柩入れるという風習があります。
京都の「友人形」と似た風習なので、お互いに影響を受けたのかもしれません。

友引の日に葬儀をしない風習は、全国的に見られますが、その理由としては、友を引く(連れて行く)という語呂の悪さからでしょう。
そのために葬儀が行われないので、友引の日は火葬場が休むようになったようです。

もともと友引とは六曜の中でも縁起の悪い日ではなく、本来の意味である共に引く「勝負なし、引き分け」という意味の「共」が「友」に変わり、「故人が友を冥土に連れて行ってしまう」という意味にとられるようになったのがこのような風習が生まれた原因ではないかと言われています。
しかし、大阪府では友引の日でも火葬場が開いているため、友引の日にも葬儀・告別式を行うことができますから、友の代わりとして「いちま人形」を柩に入れるという迷信ができたのかもしれません。

精進料理に使われている高野豆腐や厚揚げを大阪府では、葬儀の時には四角ではなく三角形に切って使います。
この風習は「逆さ事」の一種で、普段と違うことをすることで、非日常の世界をあらわし、死と日常を切り離すという意味が込められているのです。

「逆さ事」にはこのほか、納棺の際、洋服を上下逆に掛けたり、屏風を逆さにして立てかける「逆さ屏風」や、ぬるま湯を水にお湯を入れて作る「逆さ水」などがあります。
また、てんこ盛りのご飯にお箸を立てるというのも非日常の世界観をあらわしているので、「逆さ事」の一種かもそれません。

大阪では、供花として樒(しきみ)塔を出す場合があります。
仏式の葬儀において無くてはならないものが樒ですが、これほどたくさんの樒を出すのは関西だけというのは興味深いところです。
樒塔には名義の順番があるので、供花を出すときは遺族に確認してから出した方が良いでしょう。

また、鳥や魚を逃がす「放生(ほうじょう)」という儀式があります。
放生とは、仏教儀式の「放生会(ほうじょうえ)」から派生した儀式で、捕らえられた生き物の命を救うことで徳を積むという意味があるのです。

多くの地域で香典袋の水引には黒白が使われますが、大阪府をはじめとする関西圏ではここが異なり、黄色と白が使われることがあります。
大阪府では、「香典袋には黒白の水引、お布施には黄色と白」と分けているところもありますので、お寺や葬儀社に確認したほうが良いでしょう。
また、堺市や岸和田市、泉南市の一部地域では、香典から1,000円を返すというめずらしい風習があります。

コメントは受け付けていません。