キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
  1. >
  2. >
  3. 個人人格と組織人格
会社

個人人格と組織人格

個人人格と組織人格とは?

社会人として活躍している人にとっては、公私の両方がつきもので、個人人格と組織人格の両方を持ち合わせています。

死により、その両者の面での絆に大きな影響を与えるというのも厄介な時があり、組織人格としての大きな影響を及ぼしていた人の死というのは、今後の組織の在り方を左右するために、個人の死としての葬儀で終了させることができない時があります。

会社の今後のための社葬を遺族にお願いしたり、葬式は個人でした後に、ホテルなどで死の部会やお別れ会を催すということもあるでしょう。

社葬は、各界からの主要関係者が会する大きなイベントになり、参列者のみなさんに企業の組織力のアピールや、次なる後継者を中心とした強固な体制を知ってもらう場でもあります。

社葬が成功し、企業としての信用と安心感を参列者に与えることができれば、これからの取引関係も崩れることがありません。

個人人格との関わりに深く、組織人格としての個人については関わりのない遺族のとっては、社葬は華々しく個人が讃えられ、優れた人物であったと自慢に思いたいものなのですが、どうも心から死を悼むという面が抜け落ち、今後の会社の繁栄ばかりが、強調されているようで、企業が遺族と一体となって追悼するという感じには思えないことが多いのです。

だから、社葬を拒む遺族もいますし、あるいは個人葬を行った後に、本葬として社葬を行うという方法をとることもあります。

折り合いの付け方

または合同葬などにすると言うことも見られます。
けれども、それらが臨機応変に執り行われることで、スムーズに行くかと言えば、反対に難しいところで、個人的な遺族の思いと会社としての目的を成功させたいもくろみとをいかに崇高生を持って止揚するかが難しいところになります。

社葬では焼香順でももめることがありますし、合同葬ではどちらがどの費用を持つかの分担などについてももめたりします。
後でお別れ会というものを開いたとしても、遺族は、関係のない場だと欠席をするということもあります。

また、お別れの会は、ホテルや場所選びにおいても大変な面があります。
会社との関わりを持った葬儀に関しては、社葬専門の葬儀屋さんの相談するのが良いと思います。

その実績から、どのようにトラブルを収めた儀式の持ち方があるのかも事例をたくさん持っているでしょう。
費用についても、儀式の大きさも全く色々ですし、行うこともイベントが入り、決まり切った形の葬儀ではないために、どこの業者も予算を明確化できませんが、社葬専門の業者なら、事例サンプルを用いて説明が可能です。

お別れ会にしても、何に気をつけて、どういう準備をするのかも、抜かりがありません。
何よりも会社と遺族の両方をたてるためにをどのような儀式に収めるのが良いのかも知っています。

社葬は遺族の気持ちを配慮できることが、まず最初のマナーです。

コメントは受け付けていません。