キリスト教式葬儀のマナー
仏式葬儀のマナー
火葬・骨上げ
社葬の約束事とマナー
老人

生前葬

生存中に葬儀を行う

著名人などの間では、葬儀の一種である生前葬を採用しているケースがあります。
葬儀の種類として主流になりつつある生前葬ですが、意味合いとしては言葉の通り、まだ生存しているうちに葬儀を執り行うことです。

実際に生前葬を行うケースとして、人生の節目として生前葬を行うなどといったものがあります。
人生の中でも、これまでお世話になった方や、仲がいい友人や知人などを集めて行うというのが主流です。

まだ元気な状態で、友人などに感謝の気持ちなどを色々と伝えていく際に便利ですが、事前にお別れしたい方に対して行うといったケースもあります。
通常の葬儀と比較をしていくと、本人に代わり家族が行うのが通常の葬儀ですが、生前葬は自分で執り行うことができるのがポイントです。

生前葬のニーズは非常に高い

生前葬はニーズが高くなってきていますので、ところどころで見かけることもあるでしょう。
実際に生前葬を葬儀屋などへ希望をしている人も多く、意見として直接自分でお世話になっている方やお礼もしくは感謝を述べたい方へ気持ちを伝えていくことができるのがポイントとなっています。
そして別の人は、自分の体がまだまだ健康で動ける中で友人などに集まってもらい、顔などをみておきたいという気持ちを持つ人などが希望しています。

生前葬というのは身内もしくは仲の良い人などに対して感謝を述べたり、気持ちを詰めている葬儀になっていくのでしょう。
特殊な葬儀でもありますが、ニーズは高まっているといっていいでしょう。

生きている中で告別式を実施

通常の葬儀ではお通夜などを行い、火葬場へ遺体が運ばれる告別式を執り行うことが主流となっています。
しかし生前葬になると生存していますが、自分が主催して告別式を行っていくことになります。
実際に生前葬を行った場合、自分の死に対して覚悟を決めていくことにもなるのでしょう。

生前葬を行った後に亡くなると、家族だけで葬儀を行っていくことが可能です。
友人や知人といった他の人に対しては、死亡通知状などを送付して完了するというのが一般的となっています。
家族の葬儀についても、密葬で行っていきますので、それに理解を求めていくことも必要になっていきます。

長寿儀礼としても活用できる

生前葬となると長寿儀礼という要素が入ります。
これは生まれ変わっていくのを目的としている、人生の通過点ともなっていく儀礼となっています。

死の儀式を行っていくことで、そこを境にして新たな人生がスタートしていくという意味合いも持っています。
色々な意味合いが生前葬では入っていますので、執り行うことを検討している方は目的などをしっかりと見定めてから決めていきましょう。

コメントは受け付けていません。